スポンサードリンク

病院で診察を受けてお腹に赤ちゃんを授かっていることが分かりました。ママはこれから生まれてくる赤ちゃんの為にあれやこれや計算しているうちに驚愕の数字が・・・なんてことはありませんか。その費用、全てご家庭で負担することありません。身近なところに給付金や助成制度があります。

 

目次

・自然分娩は病気や怪我ではありません

・妊娠期間中に医療保険が適用される場合

・保険選びは慎重に

 

自然分娩は病気や怪我ではありません

どうして分娩は保険適用外なの?と、こんな疑問を抱いたことはありませんか。答えはとても簡単。妊娠や出産は病気やけがではなく、医療保険や生命保険の対象とならないからです。とりわけ自然分娩は母胎、赤ちゃんともに無事に出産を終えることが出来た状態。つまり病気や怪我どころかおめでたいことなのですから、保険の適用とはならないのです。

 

妊娠期間中に医療保険が適用される場合

妊娠期間中は基本的には医療保険は適用されません。しかし、正常な妊娠の経過ではないと認められる病気や怪我で入院が必要だった場合であれば、保険の適用範囲となります。例えば、妊婦健診の際に「子宮筋腫」が見つかり、入院、治療したというような場合や、切迫流産で入院した場合、などです。

 

保険選びは慎重に

自然分娩以外の出産については保険の適用となる場合が多いです。帝王切開や切迫早産、吸引分娩など分娩には緊急を要する場合も少なくありません。その場合は医療保険の適用となるので、すでに加入しているお母さんはひとまず安心、といったところでしょうか。

ただし、気を付けたいのは妊娠が発覚してからの保険加入です。母子手帳に初回診察記録をされた日から27週目までであれば、妊婦さんでもほとんどの医療保険に加入することが出来ます。裏を返せば28週目以降の保険加入はほとんど認められない、ということですね。では、27週目までに加入すれば絶対大丈夫、なのでしょうか。実は、27週目以降の加入でも「特定部位の不担保」という条件が付けられてしまうことが多いので要注意なのです。

【特定部位】=『子宮』 です。 帝王切開、切迫早産、切迫流産、吸引分娩、早期破水、子宮外妊娠などは保険適用外として考えられてしまうのです。

その為医療保険の加入、特に出産を考えている場合は、予め保険加入も計画のうちに入れておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク