スポンサードリンク

まず一番初めにおさえておきたいのは、正常分娩の費用は基本的には全額自己負担、ということです。たくさんのお金を準備するのは大変…という方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には助成金や手当金の制度である程度カバーできますのでどうかご安心を。では実際に支払うお金は、どのくらい準備しておけばいいのでしょうか。

目次

・妊娠から出産まで

・前金がかかるって本当?

・お金も計画的に準備しましょう

 

妊娠から出産まで

妊娠から出産するまでの間で病院に支払うお金は、トラブルなく順調にすすんだ場合、妊婦健診におよそ10万円、入院費用は平均して40万円前後かかると言われています。

出産にあたっては、病院によって費用に差があります。いくつか理由が考えられますが、まず第一に施設の種類。施設がセンター病院、総合病院の場合、入院費用は比較的抑えられています。産婦人科専門病院、個人産院、助産院などは出産そのものの費用は平均的と言えますが、色々なプランやマタニティ用品を提供していることが多いため、それらを付け足すことで値は上がります。費用の違いは、施設の種類や提供しているサービスの違い、と言えそうです。

 

前金がかかるって本当?

分娩予約をすると「前金として○○額お支払いください。」ということも珍しくありません。最近では全額前払いということも起こりうるようです。通常の診察では診察後に料金の支払いという流れなので、分娩予約にあたっては意識しておかなければ、支払いに急かされるという事態にもなりかねません。助成金や手当金をもらえる前の段階で支払いとなるため、前もって前金としていくら必要かということもおさえておき、準備できるようにしておきましょう。

 

お金も計画的に準備しましょう

最も理想的なのは70~100万ほどたまってからお産を迎えるという形でしょう。100万円と聞くと驚かれてしまうかもしれませんが、いざというときのことを考えて余裕がある金額です。慌てて用意して、慌てて入院して、ということはできるだけ避けたいもの。家計と相談しながら、積み立てておけると安心です。。

先に70~100万円ほど用意しておくと・・・とお伝えしましたが、そのうち入院費用は出産育児一時金から、妊婦健診費は妊婦健康診査費助成から補うことが出来ます。このような助成や給付を差し引くと、実際に妊娠から出産までかかる出費は10万円前後。この中にマタニティ用品や赤ちゃんの育児用品が含まれています。ですが、給付や助成はすぐに支払われるのではなく、後から支払われたり、健康保険からの差し引きで計算されたりするので、貰ってから使うのではない、ということを知っておくことが大切です。

入院費用を抑えたい場合、できるだけ不要なサービスは避けること、ママと赤ちゃんにとって本当に必要なもの、ことだけをそろえるように考えましょう。また、入院中に必要なもののうち、親族やお友達など、周りの人が持っていて今は不要になっているものは借りたりお下がりでいただくなど、相談しながらできるだけ効果的にそろえられるといいですね。

スポンサードリンク