スポンサードリンク

テレビや雑誌で話題の「立ち会い出産」。良い面ばかりがクローズアップされがちですが、きちんとデメリットも把握してから決断しましょう。

 

目次

・立ち会い出産とは

・立ち会い出産するパパへ、これだけは覚えておきましょう

・立ち会い出産するパパへ、このグッズを用意しておくととっても便利!

 

立ち会い出産とは

 

夫や家族が女性の出産に立ち会う、「立ち合い出産」。一昔前まではとんでもないこととされていましたが、最近は約50%近くの人が立ち会い出産を希望しています。

立ち合い出産の最大のメリットは、妊娠・お産を通じて家族の絆を深められることです。夫は妻が母になる瞬間、生命の誕生の瞬間という神秘を感じられますし、それを成し遂げた妻を尊敬する様になったと言う人もたくさんいます。また、お母さんにとっても、一番信頼出来るパートナーが常に隣にいてくれることになるので、精神的な安らぎを得ることが出来ます。

しかし、立ち合い出産は良いことばかりではありません。今後の生活を大きく左右する様なデメリットも存在するのです。

女性なら想像がつくと思いますが、お産では股から血や体液が出るのは当たり前ですし、糞尿が出てしまうことだってあります。しかし、男性側は意識的に学ばない限り、そこまでの状況は想像出来ません。お産を目の当たりにした男性がPTSDになってしまったり、元々「血」に耐性が無い人が卒倒してしまったというケースもあります。

立ち合い出産するか・しないかを夫婦間で話し合う時は、以下のことをよく確認し合いましょう。

・立ち合い出産にはメリットがあるが、過度な期待はしてはいけない。

・「感動した!」という体験談は確かに多いが、自分たち夫婦もそうなるかは別問題。

・もしかしたら失望感しか残らないかもしれない。

全ての夫婦に立ち会い出産が向いているということはあり得ません。そもそも立ち会いに間に合わないという可能性もあります。夫婦間でよく話し合って、ベストな方法を見つけましょう。

 

立ち会い出産するパパへ、これだけは覚えておきましょう

「お産をするのは妻。お産の現場では男は無力だと言うし、自分はせめて邪魔にならない様にお産の様子を見ていよう」と考えているパパがいたら、まずはその考えを改めましょう。

お産に立ち会うと決めたからには、パパも出来る限りの準備はするべきです。何も準備せずに出産に立ち会うということは、レベル1の状態でいきなり魔王城に潜入することと同じなのです。無謀です。

ママが妊娠したら、パパは積極的にお産について勉強する様にしましょう。お産の流れについてはもちろん、マッサージの仕方や食事・睡眠で気を付けるべきこと、お産の現場で起こるかもしれないトラブルについての予備知識など、学ぶことはいくらでもあるのです。

そして出産当日は、それまでに得てきた知識をフル活用してママのサポートに徹しましょう。決して、陣痛で苦しんでいるママの横で居眠りをしたり、テレビに夢中になったり、弱音を吐いたりしてはいけません。もし自分が逆の立場だったとしたら、イライラすることこの上ないはずです。

何にせよ、事前に学んだ予備知識がものを言います。パパはどんどんお産についての知識を深めましょう。

 

立ち会い出産するパパへ、このグッズを用意しておくととっても便利!

<水やお茶など、喉を潤すもの>

陣痛が長引くと、妊婦さんの喉はカラカラになります。水やお茶、甘くないスポーツドリンクなどを用意しておきましょう。ペットボトルの飲み口につけるストローは、寝ながらでもママが水分を取れるのでとても便利ですよ。

<硬いボール>

野球の硬球やテニスボールを腰やお尻、尾てい骨に押し当てると少し楽になります。

<うちわ>

分娩中は凄く暑くなります。ママをうちわで扇いであげてください。これだけでもママはかなり楽になりますし、パパの一生懸命な思いがママに伝わります。

 

スポンサードリンク