スポンサードリンク

妊娠中の便秘は辛いもの。どんなふうに対策すればいいのでしょう?市販の薬は飲んでいいのでしょうか?

便秘薬の選び方

1

市販の便秘薬は、妊娠中は飲まないようにしましょう。下剤の中には子宮収縮作用を持つものも。子宮収縮は、おなかの張りとなって現れます。流産や早産を誘発する恐れもあるので気をつけましょう。

妊娠初期と、後期では便秘の原因が違います。特に臨月は、おなかの中の赤ちゃんが大きくなって腸を圧迫しますし、黄体ホルモンの影響で便秘になってしまう、という理由もあります。

便秘薬にもいろいろな種類があり、腸を刺激して便秘を解消するタイプのものだと大変危険なので、便秘薬はお医者さんに相談して処方してもらうのが一番でしょう。便秘薬のほかにも、オリゴ糖や酵素のサプリメントも便秘に効果があるといわれていますが、妊娠中なので、成分などにしっかり注意して選ぶようにしましょう。

下痢になるのはどうして?

2

実は下痢と便秘は関係していることがあります。便秘が続くことによって便がたまりすぎて下痢になる事があるのです。そのほかにも、ホルモンバランスの乱れ、つわりによる胃の消化不良などから下痢になる妊婦さんも多いです。

下痢がきっかけで流産になるということはほとんどありえません。でも、下痢になる状態に体がなっている、ということはおなかが冷えていたり、体力が落ちていたり、風邪菌が入っていたりと、体が良い状態ではないということなので、それに対する対策が必要です。

便秘と同じように、腸内環境の改善のためにバランスのいい食事、運動、水分、または安心できるサプリメントを摂取するのもいいでしょう。

お腹が痛くなる…

3

腹痛があると妊婦さんはドキッとすることと思います。わき腹に痛みを覚えて病院に相談したところ便秘だった、ということも多く聞かれますから、腹痛があるときは便秘の可能性があるといえます。便秘の腹痛は一回の腹痛がすごく痛くて、吐き気やおう吐を伴うことも。

便秘じゃないのに腹痛があるときは、大きくなった子宮による周辺の圧迫や、子宮を支えているじん帯が急激な伸びに悲鳴を上げている、ということも。鈍い腹痛はよくある症状なので、心配しなくても大丈夫ですが、痛いのは辛い。

普段からとにかく冷やさないようにすることは大切です。足腰の冷えからくる腹痛も多いので、出かけるときなども服装に注意しておきましょう。また無理しないで休むことも大切です。痛い、と感じたら横になって休むこと。外出先ならベンチなどに腰掛けるようにしましょう。生理痛のようなひどい痛み、出血を伴う痛みのときはすぐにお医者さんに相談しましょう。

スポンサードリンク