スポンサードリンク

子どもが出来た、と喜びにひたっていたい気持ちもわかりますが、実は出産までの間もやることがずらり。初めての方には頭を悩ませるほど準備や費用が必要なのですが、慌ててばかりはいられません。何事も計画的に進めていくことが大切です。今回は出産準備にかかる費用について、初めて見た方がなるほど!と思って頂けるよう、簡単にまとめてみました。

 

目次

・病院にかかる費用

・産後のことも計画の中に!

・マタニティ・ハイにご用心

・節約できるお金もあります

 

病院にかかる費用

妊娠して真っ先に思いつくのが病院。妊婦健診の費用はおよそ一回につき5,000円程度で、通院回数は原則14回となっています。この費用は妊婦健診の助成金によってまかなうことができるようにはなっているのですが、自治体によって取り組みの内容が異なるので確認してから通院するのが望ましいでしょう。

出産のためには病院に入院する必要があります。その時の費用は25万円~40万円程度。ここで気を付けたいのは病院には必要最低限の物しか用意されていない、ということです。あとになってから「○○がない」「○○も必要だった!」と慌てて用意することもしばしばあるようです。どんなに用意をしていても準備に不足があったりするのはやむをえません。ですが、予め病院には何があって、何をもっていけば良いのか、ということは決めておきましょう。

 

産後のことも計画的に

無事に出産を終えると続いて子育てが始まります。

その準備のためにかかる費用は、平均的には5万円~10万円程度が相場となっています。肌着やおむつカバー、哺乳瓶や消毒ケース、体温計、抱っこひも、チャイルドシートなど、必需品もありますが、気を付けたいのは後になって実は買いすぎていた、ということも多いようです。出産準備リストは様々なところから確認することが出来ますが、あくまでも参考程度にするのが良いでしょう。とはいえ、初めてであれば一層何もかもが必要に思えてくるものです。その場合は身近な人、看護師さんやお母さんなどに一度リストを見てもらったり、一緒にリストを作成してもらうのも良いでしょう。

 

マタニティ・ハイにご用心

注意したいのはマタニティ・ハイと呼ばれる時期が訪れる、ということです。これはホルモンバランスが崩れることによって一時的に昂揚感が高まるとことが原因とされますが、要は我が子を可愛く思うあまり、周りに不必要に赤ちゃんの話をしてしまったり余計に気を使ってしまったりすることが挙げられます。

どうしてこのマタニティ・ハイに注意が必要なのか。それは昂揚感が高まる=購買欲も高まるからです。それはそのまま不要なものを衝動的に買ってしまったり、あれもこれも必要だと思ってきりがなくなってしまうことにつながります。マタニティライフを快適にする、と銘うった商品も多数ありますが、これは最低限にとどめたいところ。

 

赤ちゃんにとってもっとも大事なこと、それは守ってくれる人がそばにいることです。リストは定期的に見直し、誰かと相談しながら購入できるといいですね。

 

節約できるお金もあります

出産から引き続き子育てにはお金が必要です。子どもの成長は早く、病院に通うようになることもしばしば。その為お金は子育て貯金として、積み立てておくのが理想的です。

お金がかかって大変、と思われる方もきっと多いでしょう。ですが、何もかも新しいものでなければならいかというと、必ずしもそうではありません。借りること、おさがりを頂くことも視野に入れておいてはいかがでしょう。特にベビーベッドは産後1~3か月程度経ってしまえば不要になる場合が少なくありません。

リストを作成したら一度知り合いに「○○が必要なんだけど・・・」と相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク