スポンサードリンク

出産してから子育てを支える為の手当があること、ご存知ですか?ママの生活状況によって実はもらえたりもらえなかったりと、手当にも様々あるのです。どのような手当があって、自分に何が当てはまるか参考にしながら見てみてください。

 

目次

・働くママの出産にまつわる手当

・出産手当金とは

・育児休暇給付金とは

・失業給付金について

 

働くママの出産にまつわる手当

ママなら誰でももらえる手当が児童手当、出産育児一時金。ママが働いている場合には、これらに加えて出産手当金、育児休業給付金を受け取ることが出来ます。

 

出産手当金とは

出産手当金とは働いているママが産前、産後を含めた産休中の給与を補償してくれる手当です。期間は出産日の42日前から出産翌日から56日目までの間で会社を休んだ日数分です。出産手当金の給付金額は報酬日額の三分の二にあたります。国民健康保険加入者、もしくは扶養に入っている人は適用外となります。直接ママが社会保険の健康保険の被保険者であること、あるいは国家・地方公務員などの共済員である場合にもらえる手当、ということですね。また、既に退職してしまった場合でも、1年以上の元被保険者で、退職から6か月以内に出産したママは受け取ることができます。そのほか健康保険の任意継続者になった場合の継続期間中、もしくは継続期間終了後の6か月以内の出産の場合、手当の対象となります。

手続きを始めるためには、職場や社会保険事務所などで「健康保険出産手当金請求書」をもらいます。病院や医師から意見を書いてもらう欄があるので忘れないようにしましょう。自身では分娩日や休んだ期間、手当の振込み金融機関などを記載する欄があります。あらかじめ期間や分娩日がわかる母子手帳を手元の用意しておくのが良いでしょう。

 

育児休暇給付金とは

育児休暇給付金は、仕事をしているママやパパが、赤ちゃんが1歳になるまで(1歳になる誕生日の前日まで)の間で育児休暇をとった場合に支給される給付金です。特別な理由があれば、1歳6カ月まで支給の延長が認められます。要件さえ満たしていれば、パートや契約社員の方も対象となります。

育児休暇給付金は、育児休暇の期間中、ママやパパが加入している雇用保険から支給されます。育児休暇取得の1ヶ月前には申請しないといけないので注意が必要です。具体的にいつからいつまで育児休暇をとる、ということを決め、正確に伝えられるようにしましょう。申請は勤め先の会社にします。支給は2ヶ月に1度で、場合によっては申請から3,4か月後から支給開始となることも考えられるため、その間の生活費については事前にパートナーと相談しておきましょう。

 

失業給付金について

働くママの中には、出産の為離職し、失業給付金を受給する方もいらっしゃるでしょう。働く意思があっても妊娠中や産後すぐでそれが難しいと判断された場合には、失業給付金の申請は最大で4年まで延長できる特例措置があります。専業主婦になろうと考えている場合には難しいですが、働く意思と能力があっても困難と判断された場合はこの特例措置にあたります。

パートやアルバイトだった場合には、短時間労働被保険者というものに該当します。一般被保険者であっても短時間労働被保険者であっても申請には一定に基準以上働いていたことが証明できなければなりません。事前に確認し、時間に余裕があれば直接ハローワークへ行って相談してみても良いでしょう。

母子手帳や離職票を必要とするので、あらかじめ電話で何を持っていく必要があるのか確認しておくとスムーズです。

 

スポンサードリンク