スポンサードリンク

妊娠中も相応にヘアスタイルに気を使うのは、今時のお母さんには当たり前のことですね。「でも、赤ちゃんに薬剤の影響が出るのが心配」…。確かに妊娠中は肌が敏感になりますし免疫力も弱まります。でも全くヘアスタイルに構わなくなる必要はありません。賢くおしゃれに妊婦ライフを楽しみましょう。

 

目次

・妊娠中は避けたほうがよい施術は?

・パーマやカラーリング、するならいつ頃がいい?

・産後を考えたヘアスタイルにしておこう

 

妊娠中は避けたほうがよい施術は?

よくいわれるような妊娠中のカラーリングやパーマがお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすという医学的根拠はないそうです。毛穴から薬剤が浸透する、などということもありません。ですので、それほど神経質になる必要はなく、気分転換を兼ねて自由に楽しんでも構いません。

ですが、妊娠中は肌が敏感になっており、パーマ、ヘアカラー、脱毛クリームに含まれる成分によっては発疹が出てしまったり、かぶれてしまったりということがあるかも。特に薬剤に「ジアミン」という成分はかぶれやすい原料の代名詞にもなっているようですので、あらかじめ美容院に相談したほうがよいでしょう。

また、自宅で市販のカラーリング剤やパーマ剤を使用することは避けましょう。美容院で使用する製品と異なり、かなり強い薬剤が使われていることが多いようです。ホームケア派も妊娠中の間だけは、ヘアケアを楽しむのならちょっと贅沢して美容院で!

パーマやカラーリング、するならいつ頃がいい?

パーマやカラーリングを避けた方がよい時期は特にありません。ただし、つわりの時期は薬剤のにおいに敏感ですから、吐き気を催してしまう妊婦さんも少なくないようです。気をつけましょう。

また、臨月近い時期に余り長時間同じ姿勢で座ったままでいるのもつらいものです。パーマやカラーリングなど時間がかかる施術は妊娠中期に済ませておくことがベターです。

産後を考えたヘアスタイルにしておこう

ショートカットが手入れも楽なようなイメージですが、こまめに美容院に行かなければならないことを考えると必ずしも短ければいいといものでもないようです。確かに洗髪には時間が掛かるのですが、意外とロング・パーマヘアのほうがまとめ髪が簡単ですし、美容院にもそんなに頻繁に出かけなくても大丈夫です。

また、産後に抜け毛を経験するおかあさんは多いので、抜け毛が目立たない髪型やアレンジを相談しておくとよいですね。

スポンサードリンク