スポンサードリンク

出産時の入院では持っていくべきモノが山ほどあります。母子手帳や健康保険証、診察券や印鑑は必須ですが、その他にも産褥ショーツや腹帯、洗面用具セットなど・・・事前に準備しておかなければいけないモノばかりです。その中でも多くの妊婦さんの頭を悩ましてしまうアイテムが、意外なことに「パジャマ」なのです。

 

目次

・マタニティ用のパジャマ、普通のパジャマとどこが違う?

・マタニティ用パジャマって本当に必要?

・季節ごとのパジャマの選び方

 

マタニティ用のパジャマ、普通のパジャマとどこが違う?

女性用パジャマには、普通のパジャマとマタニティ用のパジャマがありますマタニティパジャマは普通のパジャマよりも機能的な作りになっています。

一番大きな違いが「授乳口」の存在です。マタニティパジャマには胸元に授乳口という開閉部分があり、ここから胸だけを外に出して赤ちゃんにおっぱいを飲ませることが出来るのです。一方、授乳口の無い普通のパジャマの場合、おっぱいの度にパジャマを脱いだりめくり上げたりする必要があります。

また、マタニティパジャマは全体的にゆったりとしており、身体を締め付けることがありません。中にはウェストサイズを自由に調整出来るタイプのものもあります。

ポケットの数の多さも、マタニティパジャマの特徴のうちの1つです。ちょっとした荷物はポケットに入れてしまえば、両手を空かせることが出来ます。

 

マタニティ用パジャマって本当に必要?

妊婦さんが1度は悩む問題だと思います。「普通のパジャマでも問題ないのでは?」「わざわざ出産のためだけにパジャマを買いたくない。余計なお金を使いたくない」と考える方は多いでしょう。

結論から言えば、マタニティパジャマは無くても何とかなります。病院から「マタニティパジャマで」と指定されていない限りは、普通のパジャマを用意しても十分代用は出来ます。退院後も、普通のパジャマや部屋着でも問題はありません。

それでもやはり、マタニティパジャマは用意しておいた方が便利です。入院時はもちろん退院後も、妊婦さんの身体を第一に考えて設計されたマタニティパジャマは大活躍してくれます。特に帝王切開で出産した場合は、術後の傷を締め付けることのない、ゆったりとしたマタニティパジャマの方が適しているでしょう。

出産時の入院期間は5日程度です。洗い替えも考えて、パジャマは最低2枚~用意しておきましょう。そのうちの1枚をマタニティパジャマにする、という考え方でも良いと思います。必要に応じて使い分けましょう。

 

季節ごとのパジャマの選び方

マタニティパジャマには様々な種類があります。ロングパジャマ型のものや、ワンピース&レギンス(タイツ)のお洒落系、パジャマとカーディガンがセットになっているものなど・・・。どれを選んだら良いのか本当に迷ってしまいます。

そこで、マタニティパジャマは出産予定日の季節によって選びましょう。

<出産予定日が春>

お腹の大きくなる妊娠5ヶ月目~出産直前まで寒い日が続きます。冬用のパジャマを用意しましょう。厚手の生地のものや、カーディガン付きのタイプが適しています。

<出産予定日が夏>

妊娠5ヶ月頃に真冬、出産は夏なので、夏用・冬用の両方が必要になります。季節を問わずに着られるロングパジャマを用意しましょう。

<出産予定日が秋>

妊娠5ヶ月頃に春、出産は秋なので、メインの季節は夏になります。夏用のものを用意しましょう。七分袖のものが便利です。

<出産予定日が冬>

5ヶ月頃は真夏、出産は冬なので、夏用・冬用の両方を用意してください。ワンピース&レギンス(タイツ)など、下半身の冷え対策が出来るタイプのものがベストです。

 

マタニティパジャマはネット通販でも購入出来ます。今回はこちらのサイトを参考に記事を書きました。どれも本当に可愛くて、思わず記事を書くのを忘れて見入ってしまいました!

ベルメゾン

http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83%7D%83%5E%83j%83e%83B%20%83p%83W%83%83%83%7D&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=33

スポンサードリンク