スポンサードリンク

妊娠初期の出血は、正常妊娠でも25%程と少なくない妊婦さんが経験するものですが、出血や腹痛の症状が安静時にも治まらない場合や、鮮血が確認された場合は迷わずお医者さんに相談してください。茶褐色や色が薄い出血は、時間の経過した出血であると考えられ緊急性は高くありませんが、量が多い場合や出血があまり見られないはずの妊娠中期以降は早めに受診したほうが安心ですね。とにかく自己判断は危険。あわてず病院に連絡しましょう。

 

目次

・妊娠中に起こる出血(妊娠初期)

・妊娠中に起こる出血(妊娠中期)

・妊娠中に起こる出血(妊娠後期)

 

妊娠中に起こる出血(妊娠初期)

精子と卵子が受精した受精卵が着床した後、着床出血という出血が起こることがあります。これは時期や量が生理とよく似た出血なので、生理と間違えるお母さんも多いようです。また、赤ちゃんを迎えた子宮ではいろいろな変化が起こり、その経過段階でさまざまな原因による出血が起きます。あまり神経を尖らせないでその都度お医者様に相談するようにしましょう。

ただし、茶色いおりものが続いたり鮮血で出血量が多いなど、残念ですが流産が疑われる出血もあります。このような出血を感じた時、また、レバーに似た血の塊や卵の白身のような半透明のゼリー状のものが出た時には、すぐに病院に連絡してください。

 

妊娠中に起こる出血(妊娠中期)

妊娠中期とは妊娠5ヶ月から7ヶ月目をさし、妊娠期の中で一番心身ともに安定する時期です。子宮の中では胎盤が完成するので流産の心配も大幅に減りますが、まだ後期流産の恐れがなくなったわけではありません。それだけにこの時期の出血はとても心配です。特に鮮やかな赤い血は今起きている出血です。生理2日目程度の量の出血や腹痛をともなう出血の場合には、診療時間外でも早急に受診するようにしましょう。

 

妊娠中に起こる出血(妊娠後期)

妊娠後期(妊娠7ヶ月から分娩までのあいだ)は流産の時期にはあたりませんので、流産が原因の出血というのはありません。この時期からは、切迫早産が原因で出血することがありますので、量が多かったり腹痛を伴っていたりする時には病院に行くようにしましょう。

この時期は母体の血液量が増えてきますし、子宮口が分娩に備えて開いてくるので、内診など少しの刺激でも出血することがありますが、健診時に異常が見つからなければ大丈夫です。神経質にならないようにしましょう。

分娩が近づくと、おしるしと言って、おりものと血が混ざったようなものが見られることがあります。まもなく陣痛が始まり分娩スタートの合図です。入院準備の整ったバッグを用意して、いつでも入院できるように準備しておきましょう。

スポンサードリンク