スポンサードリンク

妊婦さんにとって課題となるのが体重管理。大事なのはわかっているけれどなかなかうまくいかない・・・という妊婦さんも多いことでしょう。どのような体重増加が理想的なんでしょうか?

理想的な体重の増え方

1

妊娠中にどれだけ体重が増えていいのかは、非妊娠時のBMI値によって決まります。

BMIの計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)。この値が、18.5未満なら痩せ、18.5以上25未満なら普通、25以上だと肥満となります。やせ形の人は9-12㎏、普通の人は7-12㎏、肥満の人は5㎏が、妊娠時の体重増加量。ですから、もともと太めの人は、気をつけないと容易にこの値を超えてしまうことも。お医者さんとよく相談して、自分の適正体重を知っておきましょう。

お母さんが痩せすぎだと、おなかの赤ちゃんにきちんと栄養がいかないことになってしまいますし、逆に体重が増えすぎると妊娠糖尿病になるリスクがたかまります。バランスが大切です。妊娠中に全く体重が増えないこともまれにあります。赤ちゃんの発育状態に問題がないか、お医者さんと相談してみてください。

時期別の体重増加

2

体重増加の理想形は、緩やかな右肩上がりのグラフ。つまり、急激に増えたりするのはよくありません。1週間に500g以上体重が増えることが無いようにしましょう。妊娠後期になると途端に体重が増えてしまう人も多くいます。それは大きくなったおなかの重さではなく、実はおなかが大きくなって動きづらくなるから、と言われています。

また、妊娠後期になるとつわりも収まるので食欲が戻り、ついつい食べ過ぎてしまう、ということもあります。その結果タンパク尿が出たり、むくみが出たりすることも。そうすると妊娠中毒症の可能性も出てきますので、できるだけ糖分や塩分を控えて適切な体重管理をすることが大切です。妊娠30週を過ぎたら、週に250g程度まで体重増加をセーブした方がいいでしょう。

そのためにも、無理のない程度の運動がおすすめ。妊娠中におすすめなのは、有酸素運動。ウォーキング、水泳など、酸素を多く取り込む運動がいいでしょう。ウォーキングなら、初めと終わりにストレッチをして、正しい姿勢で少し早目の速度で歩くのが効果的です。

体重管理のストレス・・・

3

体重管理に極端に厳しい病院もあります。これはもちろんお母さんと赤ちゃんの健康のためを思ってのことです。厳しい体重管理をしたおかげで安産だった!という声も多く聞かれます。

でも、あまりに厳しいと、たとえば検診前に絶食して、検診が終わったら我慢していた分ドカ食い、なんてことにもなり得ます。それではもっと体に悪いですし、ストレスは赤ちゃんに大きな悪影響を及ぼします。

適度な息抜きのために、しっかりルールを決めて食事をとりましょう。たとえば甘いものがどうしても食べたいなら、手作りのデザートで糖分をコントロールしたり、時々は友達と外食したり。旦那さんにも協力してもらって、いっしょに体重管理するのもおすすめです。

スポンサードリンク