スポンサードリンク

お尻まわりのことだけに、恥ずかしくて他人に相談しにくい「痔」。でも実は、妊婦さんのほとんどが痔を経験するって知っていましたか?今回は妊婦さんの痔について詳しく見ていきます。

 

目次

・妊娠中に痔になった!

・痔の応急処置と治療法

・痔になりにくくするためにできること

 

妊娠中に痔になった!

出来れば一生なりたくはない痔ですが、実は妊婦さんの約8割が妊娠・出産の過程で痔を経験すると言われています。自覚症状の無い軽度の痔持ちさんも数に含めたら、その割合はもっと増えるかもしれません。

妊婦さんが痔になってしまう原因は様々です。最も多い原因は分娩時のいきみによるものですが、妊娠前・妊娠中の便秘が原因で痔になる人もたくさんいます。

痔には3つの種類があります。「いぼ痔」、「切れ痔」、「痔ろう(あな痔)」です。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?これらのうち、特に妊婦さんは「いぼ痔」と「切れ痔」になりやすいと言われています。

いぼ痔は肛門の違和感から始まります。その後、肛門付近にイボの様なものができ、排便時に血が出る様になります。

一方、切れ痔はその名の通り、肛門が切れます。排便時に激痛が走り、お尻を拭くとトイレットペーパーに鮮血がつきます。排便によって肛門を怪我した状態になるのです。

妊娠中に痔になった場合、出産時のいきみに影響が出ることがあります。妊婦さんに痔は付きものなので、お医者さん達は慣れた手付きで最善の処置を施してくれますが、いきんだ時の痛みや違和感は避けることが出来ません。また、いきんだことによって痔が悪化する可能性もあることを覚えておきましょう。

 

痔の応急処置と治療法

排便時に出血してしまった時の応急処置は、怪我をした時の処置とほぼ同じです。

まずお尻を綺麗に洗いましょう。次に、清潔なガーゼやナプキンなどを当て、横になって出血が治まるのを待ちます。出血量が多い場合は、腰の下に枕などを入れて、お尻の位置が心臓よりも高くなる様にしてください。

出血が止まったら、かかりつけの産婦人科の先生に連絡してください。痔=肛門科、というイメージがありますが、妊婦さんに痔は付きものなので、産婦人科でも診察してくれます。むしろ、妊婦さんの場合は使えない薬もあるので、痔になった場合は産婦人科に駆け込むべきです。

妊娠中の痔の治療法は、よほど酷くない限り手術はしません。基本的には塗り薬や座薬で治療します。「それならわざわざ病院なんか行かずに市販薬で済ませよう」と考える方もいるのですが、痔の市販薬にはステロイドを含むものが多いので、妊婦さんが使うのにはあまり向いていません。出来るだけ産婦人科で処方された薬を使う様にしてください。

 

痔になりにくくするためにできること

痔の予防には、便秘の予防が最も効果的です。

妊娠・出産時の痔の原因は、分娩時のいきみと妊娠前後の便秘がほとんどです。分娩時のいきみによる痔は防ぎようが無いですが、便秘に関しては自分の意思で予防することが出来ますよね。

食物繊維や乳製品を積極的に取り入れ、便秘予防に努めましょう。

 

スポンサードリンク