スポンサードリンク

人一倍ナーバスになりやすい妊娠初期。安定期に入るまではピリピリしてしまう妊婦さんも多いかと思います。今回は妊娠初期症状として起こり得る出血についてまとめてみました。注意すべき出血と、出血に対する対処法について学びましょう。

 

目次

・妊娠初期に起こる出血

・生理の出血との見分け方

・出血別の対処法

 

妊娠初期に起こる出血

妊娠初期(妊娠4週から15週)には様々な出血が起こります。

初めて妊娠した人は不安になってしまうかもしれませんが、妊娠初期の出血は決して珍しいことではありません。この時期に一度も出血を経験しなかった妊婦さんの方が稀なくらいです。それでも多くの妊婦さんが無事に出産しているのですから大丈夫ですよ。

出血してしまう原因は、大きく分けて3つあります。

1つは、妊娠により子宮粘膜が充血しているため。自覚症状は何もありませんが、子宮粘膜がちょっとした刺激ですぐ出血してしまう状態になっているのです

次に考えられる原因は着床出血です。受精卵が子宮に着床する際に、その刺激で子宮壁を傷つけてしまうことがあります。この時に起こる出血のことを着床出血と呼びます。生理の出血とよく似ているので、見落としてしまう妊婦さんが多いと言われています。

3つ目の原因は、切迫流産です。切迫流産は妊娠22週未満に起こる流産です。「流産」ではありますが、まだお腹の中で赤ちゃんが生きようともがいてくれている状態なので、適切な処置によって妊娠を継続することが出来ます。

 

生理の出血との見分け方

妊娠初期の出血、特にまだ妊娠しているかも分かっていない時期に来る着床出血は、生理の出血と大変見分けがつきにくいです。着床出血が起こる時期は生理期間とほぼ重なりますし、血の色は生理のものとほとんど変わりません。下腹部の痛みも起こります。

両者を見分けるポイントは、出血量と出血している期間です。着床出血の出血量は、生理よりも少なく、期間も2~3日程度です。いつもより軽い生理が来た場合は、着床出血を疑ってみても良いかもしれません。着床出血が起こる頃には妊娠検査薬を使うことが出来るので、「もしかして?」と感じたら一度セルフ検査してみましょう。

とはいえ、着床出血が起こる確率は、全妊婦さんの1%~2%程度です。誰でもみんなに来るというものではありません。また、着床出血に気付けなかったとしても、その後の妊娠で何かもの凄く不都合が起こるというものでもありません。

「着床出血が来れば、妊娠に早く気付けてラッキー」というくらいに思っていましょう。

 

どんな場合が不正出血?

妊娠初期の出血はよくあることとはいえ、出血が起きた時は必ずお医者さんに相談する様にしましょう。特に以下の様な出血の場合は不正出血である可能性があります。注意してください。

・出血が止まらない。

・血の色が鮮やかだ。(出血が少量でも鮮血が出ている場合は要注意!)

・3日以上、出血が継続している。

・下腹部に痛みを感じる。

これら以外の出血の場合は、ひとまず安静にして出血が止まるのを待ちましょう。様子を見る時間の目安は、半日~1日程度です。

 

スポンサードリンク