スポンサードリンク

妊娠検査薬でのフライングチェック!赤ちゃん待ちの人であればほとんどの方が経験あるはずです。しかし、いつからであればきちんとした判定が出るのでしょうか。生理予定日に生理が来ないのでフライングチェックして、喜んだ人、落ち込んだ人いると思います。妊娠検査薬の信頼性について調べてみましょう。

 

 

 

目次

生理予定日のフライングチェック

排卵日から生理予定日の計算

生理周期がバラバラになってしまう原因

 

 

生理予定日のフライングチェック

 

赤ちゃんがどうしても欲しい人、気になって仕方がない人であれば市販されている妊娠検査薬でフライング検査をしてしまった人が多いと思います。しかし、自分が思ったような検査結果が出なくて落ち込んでしまった人も多いでしょう。

一般的に市販されている妊娠検査薬は、生理予定日当日から利用できるものや生理予定日から1週間後から使用可能なものが販売されています。だいたいが生理予定日から1週間後から利用可能なものが多いです。しかし、どうしても気になってしまって生理予定日より数日前から利用してしま人も多いようです。また、生理予定日よりまだ日があるにもかからわずフライング検査をしても陽性反応が出たという人も多いようですね。

反対に陰性反応が出て落ち込んだ人もいるでしょう。生理予定日に検査をして陰性だった場合は、妊娠の可能性はゼロなのでしょうか。妊娠検査薬が陽性反応を示すには、着床し胎盤ができる時に分泌されるhCGホルモンの値がだいたい50IU/L以上必要です。生理予定日当日に検査をして陰性反応であった人は、数値が50IU/L以上ではなかったという事になります。もし数値が30IU/Lだった場合、生理予定日から1週間後であれば50IU/Lを超える可能性があります。生理予定日が確実にわかっている人であっても、数値の増え方には個人差がありますので、陰性反応になることは十分考えられます。

毎月同じ日に生理が来る人も、生理日がバラバラの人であっても妊娠していれば陽性になりますし、妊娠していなければ、陰性になります。また陽性反応が出ていたとしても、正常妊娠ではない場合もあります。

 

排卵日から生理予定日の計算

 

生理周期についてきちんとした事をご存じでしょうか。生理というのは、排卵が起こり2週間ほどすれば生理が始まります。私は生理周期が30日以上あるの、私は20日程で生理になってしまう。と、いろんな人がいると思いますが、生理周期が正確でも不規則でも、排卵から生理開始までの期間は変わりません。生理周期が短い人は、生理が始まった日から10日くらいで排卵が始まり2週間後に生理になります。また生理周期が長い人であれば、生理が始まってから30日程度で排卵が起こり2週間後に生理になるということです。

 

生理周期がバラバラになってしまう原因

 

排卵から出血まではみなさん同じ期間になりますので、排卵までの期間のずれが生理周期のばらつきになります。

排卵がずれるにはいくつかの原因があります。まず一つ目はストレスです。排卵を促す脳下垂体という場所が自律神経の中枢部分であるのですが、ストレスがかかると排卵が遅れたり、排卵しないで生理になったりします。ストレスはいろんな事で知らないうちにかかっています。たとえば、家族旅行の日に生理と重なると嫌だなと思うだけでストレスと感じてしまって、生理が遅れてしまうという事もあるのです。お仕事をしているとどうしても不規則な生活や寝不足になってしまう事もあると思いますが、自律神経の乱れによってホルモンの同じように乱れてしまいます。その為に排卵までも遅らせてしまうのです。他には、皆さんも経験があると思いますし、聞いたこともあると思いますが、無理なダイエットをしてしまったが為に、生理が止まってしまったり太り過ぎしてしまった為に排卵がうまく起こらなくなってしまったという事もあります。

生活習慣を整え、ストレスのたまらないような生活をする事によってきちんと生理が来るようにし、確実に妊娠検査薬の判定ができるようにしておくといいですね。

スポンサードリンク