スポンサードリンク

もうすぐ出産日。約1年間、お腹の中で育んできた命とご対面出来る日はもう目の前です。でもまだまだ気を抜いてはいけません。お産直前まで、お母さんには様々な出血が起こります。今回はお産直前期に起こる出血についてです。

 

目次

・「おしるし」ってどんな出血?

・こんな出血には注意!

・おしるしと内診出血の見分け方

 

「おしるし」ってどんな出血?

「おしるし」はお産の約3日前頃に見られる、少し粘つきのある出血のことです。

お産が近付くと、お母さんの子宮口が少しだけ開いたり、子宮が収縮して卵膜が剥がれることがあります。この時に少量の出血を起こし、子宮頚管から出た粘液と混ざって体外に排出されます。これが「おしるし」です。

おしるしの量や色は人それぞれです。あまりに微量過ぎて出血に気付かない人もいれば、月経の様な出血量の人もいます。鮮やかな色の血が出る人もいれば、茶褐色だったと言う人もいます。

ただし、全てのおしるしに共通している特徴は、少し粘り気のある出血であることです。出産日直前に出血があった場合は、その粘度に注目してみましょう。

また、「おしるし」という名前から、1度しか起こらない印象を受けてしまいがちですが、おしるしが数日間続くことも珍しくありません。トイレットペーパーで性器を拭いた時に少し血が付く、という程度の出血が2日・3日続く人が多いです。

一般的には、「前駆陣痛」(お産7日前~4日前)→「おしるし」(お産1日前~3日前)→「規則的な陣痛」(お産1日前~)→「お産」という順で妊娠が進行します。ただしここまで順調に進むのはごく一部の人だけですし、おしるしの量や有無が陣痛の開始時期に関係することもありません。自分は自分、他人は他人と割り切り、あまり気にしない様にしましょう。

 

こんな出血には注意!

 

おしるし自体は自然な出血なので問題は無いのですが、以下の様な出血が見られた場合は少し心配です。病院に連絡して確認してみましょう。

・おしるしの量がだんだん増えている。

・陣痛や前駆陣痛に全く心当たりが無いのに、生理の様な出血がある。

・下腹部が痛い。

・2日、3日経っても月経の様な出血が続いている。止まる気配が無い。

 

おしるしと内診出血の見分け方

内診出血とは、妊婦検診で内診を行った後に起こる出血です。

妊娠中の膣内はとてもデリケートになっています。通常時よりも傷付きやすくなっているため、内診時の刺激で内壁に傷が付き、出血してしまうことがあるのです。でも、お医者さんに不信感を抱かないであげてくださいね。内診出血が起きてしまうのは仕方の無いことなのです。決してお医者さんの腕の問題ではありません。

内診出血とおしるしの時期が重なると、見分けるのは容易ではありません。どちらも出血量はごく僅かです。見分けるポイントがあるとすれば、出血したタイミングです。内診後に出血した場合は内診出血である可能性が高いでしょう。

スポンサードリンク