スポンサードリンク

いよいよ出産間近!・・・という時期に、下痢になってしまう妊婦さんがたくさんいます。妊娠中でなくても何かと辛い下痢。お腹の中にもう一人分の命を預かっている妊娠中なら、なおさら無視出来ない問題です。今回はお産直前の下痢との向き合い方について見ていきましょう。

目次

・お産が近づくと下痢になる?

・下痢と陣痛の痛みの違い

・下痢と生活習慣

 

お産が近づくと下痢になる?

「臨月の下痢はお産のサイン」であると言われてます。

もちろん個人差はありますが、お産が近くなるとお腹が緩くなってしまう妊婦さんがたくさんいます。これはホルモンの作用により、出産前に出来るだけ胃腸を空っぽの状態にしようとする働きが始まるためです。体調も悪くなく、きちんと胃腸に優しい生活をしているのに下痢になってしまったと感じたら、それは「いよいよ陣痛が始まりますよ」というサインだと思いましょう。

ただし、下痢以外に頻尿や胃もたれの症状が見られる場合は例外です。これは、臨月を迎えて大きくなった子宮が胃腸や膀胱を圧迫したために引き起こされたものです。あまりに辛いときは、無理せずお医者さんに相談しましょう。

また、吐き気や嘔吐を伴う場合も他の原因を考えましょう。出産兆候としての吐き気であれば問題は無いのですが、胃腸炎や嘔吐下痢である可能性も否めません。念のため病院で診察を受けた方が良いでしょう。

さて、この下痢ですが、「ついに分娩室に入った!」というタイミングになっても治っていない人は大勢います。そしてまた、いきんだ時にうっかり出してしまう人も大勢います。一度だけでなく、何度も出してしまう人が大勢いるのです。・・・つまり、もしあなたが出産間際になってもお腹が緩いままだったとしても、あまり不安に思わなくて良いのです。お医者さんたちにとっては見慣れた光景ですし、出産中のあなたはそんなことを気にしている場合ではなくなるのですから。

 

下痢と陣痛の痛みの違い

「陣痛=超激痛」という印象がありますが、これについても個人差が大きいです。「思い返せばアレが陣痛だったのかな?」という人から、泣き喚くほど辛かったという人まで様々です。このように痛みの程度の差はありますが、陣痛の痛み方にはちょっとした特徴があります。

陣痛の痛みは2段階に分けられます。

第1段階の痛みは、下痢や便秘の腹痛とよく似ています。お腹が張ったり、不規則なペースで痛みの波が襲ってきたりします。この不規則な陣痛は前駆陣痛と呼ばれ、本格的な陣痛を迎えるための準備運動・予行演習のようなものなのです。

第2段階では、この痛みの波が規則的なペースに変わります。本格的な陣痛、有効陣痛の始まりです。お産のときが近付くにつれ、陣痛の間隔は徐々に短くなっていきます。それに伴って痛みも増していきます。

下痢と生活習慣

臨月に下痢になってしまうのは仕方の無いこととはいえ、出来るだけ軽症で済ませたいですよね。下痢になってしまった場合はこれらのことに気をつけましょう。

・食事は温かく、消化の良いものを

温かいうどんやお粥、柔らかいパンなど、胃腸に負担のかからないものを食べましょう。また、冷たいものの摂り過ぎに注意してください。

・食物繊維の多い食べ物は控える

食物繊維は便秘には有効ですが、下痢の時は避けた方が良いでしょう。消化器に負担をかけてしまいます。

・こまめに水分を摂る

下痢のときはどんどん体内の水分が奪われていきます。お腹に赤ちゃんがいる時はなおのことです。普段以上に水分を摂るように心がけましょう。

 

また、上に挙げたことは下痢予防策としても有効です。これらに加え、規則正しい排便の習慣化、適度な運動によって、下痢になりにくい身体を作ることが出来ます。

 

スポンサードリンク