スポンサードリンク

妊娠中の風邪。出来れば避けたいものですが、長い妊娠期間中に一度も風邪をひかないというのはなかなか難しいものです。今回は妊娠中の風邪と予防策について詳しく見ていきましょう。

目次

・妊娠中の風邪

・どの病院へ行けば良い?

・妊娠中に出来る風邪対策

 

妊娠中の風邪

女性は妊娠すると風邪をひきやすくなる上に、重症化しやすくなります。その理由は、つわりやストレス、心肺機能の低下などで体力が大幅に落ちているためです。自分では「すっごく元気!」と思っていても、妊娠前と比較するとどうしても体力は低下してしまいます。

妊娠初期症状として微熱が出る人もいますが、妊娠による微熱か風邪かを見極めるためには、体温とその他の症状をよく確認してみる必要があります。「そもそも妊娠しているか分からない」という場合は、まず妊娠検査薬で調べてから行動しましょう。

平熱36度台の人の場合、熱が37度を超えた場合は妊娠以外の発熱であると判断し、慎重に経過を見守ってください。ただし、その状態が2日以上続く・もしくは38度を超えてしまった場合は、確実に何らかの病気です。病院へ行きましょう。

熱が平熱以上37度以下で、咳や鼻水・お腹の不調などが無ければ、それは妊娠による微熱であると考えられます。妊娠が順調なんだと思って、安静にして過ごしましょう。

妊娠中に風邪を含む何らかの病気にかかってしまった時は、まず係りつけの産科に連絡して指示を受けてください。風邪の場合は内科を受診するものと考えがちですが、妊娠中は使える薬なども限られてくるため、産科で診察することが多いのです。

 

妊娠への影響

妊婦さんが高熱を出すと、発熱の原因によっては妊娠の経過に影響を及ぼすことがあります。例えば、身体の炎症が原因で発熱すると、子宮収縮が起こることがあります。この場合、切迫流産に至る恐れがあります。ここまで危険な状態にならずとも、熱によって食欲の低下や脱水症状を起こすこともありますから、妊娠中の発熱には十分注意しましょう。

また、母体の発熱による胎児への影響については、正確なことはまだ分かっていません。しかし、長期間の高熱は胎児に何らかの影響があると考えられているようです。一説では、「もし胎児が発熱による影響を受けて何らかの障害を持った場合、妊娠は継続されずに流産に至る。逆に解熱後も妊娠が継続しているのであれば、胎児は発熱の影響を受けなかったということだ」とされています。

とはいえ、基本的に赤ちゃんは熱に強いように出来ています。長期的な発熱は良くありませんが、発熱自体を過度に怖がる必要はありませんよ。

 

妊娠中に出来る風邪対策

基本的な風邪対策は妊娠前と同じです。

・しっかり手洗いうがいをすること

お茶を使ったうがいは風邪予防にとても有効です。お茶は安いもので問題ありません。

・マスクを付ける。

・外出後は顔も洗う

ウィルスは手だけ無く、全身に付いています。可能であればお風呂に入って全身を洗い流しましょう。

・鼻水やタンは我慢せずに出してしまう

・栄養のあるものを食べる

・こまめな水分補給

特に妊娠中は体内に水を溜め込もうとする作用が強くなります。溜め込んだ水分は赤ちゃんへ送られます。普段よりマメに水分補給をしましょう。

 

スポンサードリンク