スポンサードリンク

妊娠を望んでいた時に生理が来てしまうと、仕方ないと思いつつもちょっとだけ残念に感じてしまいますよね。でも、その出血は本当に生理の血なんでしょうか?今回のテーマは女性器の出血についてです。

 

目次

・着床出血って何?

・着床出血後、いつから検査出来るの?

・着床出血があったのに陰性になった!

 

着床出血って何?

全妊婦さんの1%~2%が経験すると言われている着床出血。この出血の原因は、子宮壁からの出血です。卵子が子宮に着床する際、稀に子宮壁が傷ついてしまうことがあるのです。この時に起きる痛みや出血のことを着床出血と言います。

子宮壁からの出血だなんて不安になってしまいますが、特に心配は要りません。確率の低い現象とはいえ、誰にでも起こりうる出血です。流産などとは全くの別物なので安心してください。

着床出血の症状は生理とよく似ています。血の色は生理時のものと変わりませんし、下腹部痛も起こります。見極めるポイントがあるとすれば、出血量と出血期間になります。着床出血の出血は生理よりも少量で、期間も2~3日と短いです。そのため、「今月の生理はやけに軽かったな」と思って何気なく見過ごしてしまう女性も多く、妊娠後に「あれって着床出血だったのか!」と気が付くケースも少なくありません。

とはいえ、想定外の出血が見られた場合は迷わず婦人科を受診するようにしましょう。

生理期間とは全く関係の無い時期に出血した場合や、仮に出血時期が生理と重なっていたとしても、鮮血が出た場合・強い腹痛や吐き気を伴う場合は不正出血の可能性があります。体内で何らかのトラブルが起きている証拠なので、出来るだけ早く病院へ行きましょう。

 

着床出血後、いつから検査出来るの?

女性は妊娠すると、 hcg(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)というホルモンが分泌されます。妊娠検査薬は尿中に含まれる、このhcgに反応して陽性反応を示します。

妊娠検査薬には2種類のタイプがあります。通常の検査薬と早期妊娠検査薬です。通常の検査薬は、尿中のhcgが50mIU/mL以上であれば陽性反応となります。一方、早期妊娠検査薬は25mIU/mL以上で反応するように出来ています。

尿中のhcg量が25mIU/mLになるのは着床から約3日後。50mIU/mLに達するには約5日が必要です。つまり、着床出血後、早期妊娠検査薬を使うのであれば約3日後から検査可能、通常の検査薬であれば約5日後から可能であるということになります。

しかし、hcgの増加速度には個人差があります。早い人もいれば遅い人もいるので、日を空けて複数回検査してみることをお勧めします。

 

着床出血があったのに陰性になった!

「着床出血があったのに、検査薬が陰性になってしまった」という悩みを時々ネットで見かけます。

もしあなたが同じ様な状況に陥った場合は、まずその出血が本当に着床出血だったのかを疑いましょう。もしかするとその出血は不正出血だったのかもしれません。何らかの出血があり、その後生理も来なくて検査薬も陰性反応のままであればなおさらです。怖いかもしれませんが、一度病院へ行ってみましょう。一人で悩んでいるよりも、お医者さんにアドバイスを貰った方が今後の妊娠のためになるはずです。

 

スポンサードリンク