スポンサードリンク

新しく家族ができ、とっても幸せな気分ですね。

しかし、これからいったいどれぐらいの費用がかかってくるのか。

嬉しい反面、少し心配になるのも事実ですね。

妊娠、出産に関してどれぐらいの費用がかかるのか、見ていきましょう。

1

妊婦健診や出産にはどれぐらいの費用がかかるのか?

妊娠から出産まで10月10日といわれています。

妊娠後期までは大体1か月に1回ほど受診が必要となってきます。

大体の費用を合計すると、10万円前後かかって来ます。

そして、赤ちゃんの性別が分かる頃には、赤ちゃんの洋服やベッドなど

必要なものを買い揃えて準備もしていかなければいけません。

最近では、ベッド等はレンタルで借りる人もいれば

友達や親戚から譲り受けたりする人もいます。

赤ちゃんの頃しか使わないものであれば、レンタルなどでもいいでしょう。

いろいろと買い揃えるのに、大体5~10万円ほどするでしょう。

ベビーカーでも、最近はいろいろ機能が付いたものが多く

種類が多いため、迷う人も多いようですね。

赤ちゃん用の用品がいるのはわかりますが、

マタニティ用品なども必要になってきます。

妊婦さん専用のマタニティ用品は赤ちゃん用品と一緒で

いろいろ種類も多く、こちらも大体5万円程度かかってくるでしょう。

出産する病院に入院するにも、部屋のタイプによって値段は異なります。

個室の場合もあれば、相部屋の場合もあります。

最近の流行は、エステ付、豪華ディナー付なんて病院もあります。

一般的な普通分娩であれば、20万円前後。

安い病院であれば、10万円かからない場合もあります。

反対に豪華な食事やエステ等すべてそろっているような病院であれば

100万円越える病院などもあるようです。

平均すれば、大体50万円位は最低かかってくるのではないでしょうか。

地域によって、補助などもが出る場合もあります。

基本的には出産費用は実費になる場合が多いですが、

検査や治療など目的や経緯によっては、保険が使えるものもあります。

ですので、一概にいくらかかるというのは言えませんが

住んでいる地域や通っている病院に聞くと教えてくれるので

まずは聞いて、安くなる方法を探すのが良いでしょう。

2

出産すればお金が返ってくるの???

妊娠出産すれば、出ていくお金が結構あります。

家族が増え嬉しいのですが、家族が増えれば出費も増える

少子化はこのような事も原因の一つです。

しかし、出産すれば、公的補助制度を受けられるので

出産した場合は必ず申請するようにしましょう。

出産育児一時金というのは、子供を1人出産すれば42万円がもらえるという制度です。

出産にかかる費用や育児にかかる費用を健康保険から支払ってもらえるという制度です。

また、出産のため、仕事を産休されるママさんもいると思いますが

そのような場合は出産手当金がもらえます。

産前産後98日間だけになりますが、給料の3分の2が手当としてもらえます。

もう一つ忘れてはいけないのが高額療養費制度です。

出産にはとってもお金がかかります。

実費支払が多いのですが、中に保険で払える治療費があります。

この治療費が一か月8万1千円を超えた場合支給してくれる制度です。

10か月以上妊婦健診に通いますので、

医療費がいつも以上に増えてくると思います。

順序よく出産までいけばいいですが

もし、ちょっとした体調不良などもあったりして

いつも以上に医療費がかかったりする場合があると思いますが

そのような場合は、確定申告して税務署に申請すれば

医療費控除が受けられます。

1年間を通して、家族の医療費がもし10万円を超えていたのであれば

絶対に申告し、返金してもらうといいでしょう。

もし、流産してしまった場合は、一時金などもらえるの???

もうすぐ出産という時期に、何らかの原因で流産や死産となる場合もあります。

そのような場合でも、出産一時金はもらえます。

受給条件として健康保険加入で、

妊娠4か月以上で出産した、または流産や死産した場合対象です。

もし、双子の場合は、一人42万円ですので、84万円が受給できます。

スポンサードリンク