スポンサードリンク

妊婦さんの中には妊娠初期に腹痛を訴える方がいます。ただでさえデリケートな時期なのに、赤ちゃんが眠っているお腹が痛むだなんて不安で仕方ないと思います。今回はこの腹痛が起こる原因と、痛みをラクにする方法についてご紹介していきます。

 

目次

・どうしてお腹がチクチクするの?

・病院へ行くべきかの判断

・痛みをラクにする方法

 

どうしてお腹がチクチクするの?

妊娠初期~妊娠中期にかけて、腹痛を訴える妊婦さんがたくさんいます。特に「下腹部のチクチクとした痛み」を感じる方が多いのです。

腹痛の原因は、大きく分けて3つ考えられます。

1つめは、子宮の周りの筋肉が緊張してしまっているため。女性は妊娠をすることで、妊娠前よりも子宮が大きくなっていきます。その影響で子宮周りの筋肉が緊張したり、子宮を支えている靭帯などが引っ張られてしまうのです。「下腹部のチクチクとした痛み」の正体は、これが原因であることが多いです。

2つめは、身体の冷え。妊婦さんの身体は妊娠前よりも冷えやすい体質になっています。妊娠によって大きくなった子宮は骨盤を圧迫するようになります。すると、骨盤の周りの筋肉が硬くなってしまい、血行が悪くなってしまうのです。普段から身体を温めるように意識してみましょう。

最後の3つめの原因は、便秘や下痢によるもの。妊娠中は腸の動きが鈍くなり、便秘や下痢を引き起こしやすくなります。トイレで力いっぱいいきむのは危険ですから、無理せず病院で整腸剤などを処方してもらうようにしましょう。

 

病院へ行くべきかの判断

妊娠初期の腹痛は身体の変化に伴って起こる、ごく自然なもの。必要に以上に心配する必要はありませんが、下のような場合は必ず病院へ行きましょう。

・半日以上安静にしていても症状が治まらない。

・さらに痛みが増してしまった。

・自力で動けない程の痛みがある。

・腹痛だけではなく出血も見られる。

腹痛と共に出血がある場合、流産や子宮外妊娠の危険性があるので、すぐに病院へ行ってください。特に鮮血の場合は緊急を要します。

それ以外の腹痛は、ベッドで大人しく横になって治まるのを待ってみましょう。

とはいえ、「本当に病院へ行かなくても大丈夫かな?」「後で後悔しないかな?」と不安になってしまう方も多いでしょう。その様なときは、思い切って病院へ行ってしまいましょう。あれこれと思い悩むよりは、しっかりと先生に診てもらって安心した方が、あなたの身体と心のためになると思います。

 

痛みをラクにする方法

腹痛は治まるまで、本当に苦しい思いをしますよね。腹痛を感じた時は下のような行動を取りましょう。少しは痛みがラクになるはずです。

・座ること。可能であれば横になること。

腹痛には安静が一番の薬。ベッドやソファーが近くにある時は横になって安静にしていましょう。

屋外で腹痛を感じた場合は、とりあえず座って深呼吸をしましょう。そして、そのまま腹痛が治まるのを待ちましょう。

・ゆっくりと動くこと

急に立ち上がったり座り込んだりなど、激しい動きや急な動きは避けるようにしましょう。身体に大きな負担がかかり、余計にお腹の痛みが増してしまいます。腹痛で苦しんでいる時は気持ちも焦りがちになりますが、ここで焦ってしまうとさらに苦しい思いをすることになります。気持ちを落ち着けて、ゆっくりと動きましょう。

 

スポンサードリンク