スポンサードリンク

妊娠中の下痢。とても辛いですよね。つわりで苦しい思いをしているのに、お尻もヒリヒリして痛い・・・。凄くストレスになると思います。今回はそんな妊婦さんの下痢について考えてみましょう。

 

目次

・妊娠すると下痢になる?

・なぜ下痢が起こるのか

・下痢の対処法と予防策

 

妊娠すると下痢になる?

妊娠初期に腹痛が起こると不安になりますよね。初期の腹痛には流産など様々な原因が考えられますが、妊娠初期症状である便秘・下痢もその原因の一つです。

「便秘はよく聞くけど、下痢になることってあるの?」と思われたかもしれません。実は、妊娠初期に便秘になるか下痢になるかはその人の体質によって異なります。もちろん、どちらにもならないという妊婦さんもいます。

下痢の影響で流産のリスクが上がるのではないかと心配する方も多いですが、その心配はいりません。下痢は流産の直接的原因とはならないのです。「下痢でトイレへ行ったときに流産してしまった」という事例もありますが、それは下痢と流産のタイミングがたまたま重なってしまったためであるとされています。

ただし、水のような下痢が出ていたり、お腹が張っている場合は注意が必要です。腸の動きが活発過ぎるとお腹が張り、子宮を刺激します。その刺激によって子宮口が開きやすくなり、早産のリスクが高まってしまうのです。

また、下痢を繰り返したとしても、胎児に直接の影響は無いとされています。しかし、妊娠初期はつわりなどで体力が衰えがち。下痢を繰り返すことによって母体が極度に弱ってしまったり、脱水症状を起こしてしまうと胎児にも良くありません。一口でも構わないので、スポーツドリンクなどを飲んでこまめに栄養と水分を補給するようにしましょう。

 

なぜ下痢が起こるのか

妊娠中に下痢が起こる原因は4つあります。

1つ目はホルモン分泌の変化によるもの。女性は妊娠することで、体内のホルモン分泌が大幅に変化します。その影響でホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れた時に下痢が発生すると考えられています(人によっては便秘を引き起こします)。

2つ目の原因は、胃腸の衰弱。妊娠すると、胃腸はだんだん弱くなっていくのです。脂ものの食べ過ぎや生ものの摂りすぎは消化不良の原因となってしまいます。栄養バランスを考えつつ、消化に良いものを食べるように心がけましょう。

3つ目はストレスによるもの。妊婦さんはストレスでいっぱいです。普段とは違う環境、ひどいつわり、何より自分の身体がいつもと違う…。ストレスで下痢になったことのある方は特に注意してください。

最後の原因は「冷え」です。妊娠中はホルモンバランスの変化によって、体温調節しにくい体質になっています。冷たい飲み物や食べ物は体を冷やしますし、胃腸に刺激を与える原因にもなります。出来るだけ避けるようにしましょう。

 

下痢の対処法と予防策

誰にとっても下痢は辛いものですが、自己判断での下痢止めなどの薬の服用は控えるようにしましょう。

ただし、下痢の場合はビオフェルミンなどの整腸剤は服用しても問題ないとされています。係りつけのお医者さんと相談してから服用を検討してください。

今からすぐに出来る下痢の予防策を紹介します。

・一回の食事量を減らして、何回かに小分けにして食べること。

3回分の食事を4~5回に分けて食べるようにしてみましょう。

・消化に良いものを食べること。

ご飯やうどんを柔らかく煮てから食べるなど。

・よく噛んでゆっくり食べる。

・お腹を冷やさない、冷たいものは避ける

胃腸に優しい食べ方をするだけでも、下痢予防には効果的です。栄養不足が気になる場合は、妊婦さんでも使えるサプリメントなどもお勧めです。

 

スポンサードリンク