スポンサードリンク

赤ちゃんが出来てうれしい反面、ちゃんと出産できるかな?ちゃんと育ってくれるかな?と不安な事もたくさん出てきます。妊娠初期で流産してしまった人は、繰り返し流産する人もいます。どうして流産してしまうのか、原因は何なのでしょうか。

 

目次

妊娠初期の流産

流産の心配を少なくするには

次の妊娠はいつから

 

 

妊娠初期の流産

流産とは、どういったものなのでしょうか。原因はいろいろありますが、妊娠22週目までに、赤ちゃんが育たない、またはお母さんの身体の中から出てしまう事を言います。

流産の中でも妊娠12週目までの流産を早期流産、妊娠12週目から22週までを後期流産と言っています。流産の中でも、早期の流産が大半を占めています。妊娠初期の流産の原因の多くが受精卵の異常といわれています。染色体や遺伝子の状態に異常が起こり細胞分裂が出来ずに起こる現象です。流産したのは自分のせいだと自分を責める人もいますが、初期の流産のほとんどは、染色体の異常、臓器が育たなかった等胎児側に原因があるものです。お母さん側に問題があるとすれば、子宮の形がいびつで着床がきちんとできていなくて外に出てしまった場合や、子宮筋腫がありこちらも着床ができなかった場合、黄体機能不全や感染症等が原因としてあげられます。

 

流産の心配を少なくするには

 

生活環境のせいで流産するという事はあまりありませんが、寝不足が続いていた、便秘が続いていた、ストレスが溜まっていた、仕事三昧で休む日がなかった、クーラーの中で身体を冷やし過ぎた等、赤ちゃんに悪いというよりは、お母さんにとってもよくない生活をしている場合、直接的には赤ちゃんに影響はないかもしれませんが、あまり良いとは言えません。赤ちゃんが欲しい、赤ちゃんが出来たとわかったら、ゆったりとした生活環境を整えて、赤ちゃんと一緒の生活をしていきたいですね。

つわりがひどかったのに急になくなってしまったり、出血や腹痛、腰痛が出てきたり、胸の張りがなくなったなと思ったら気を付けてください。妊娠初期の流産は、赤ちゃん側の原因がほとんどです。自分のせいだと思ってしまう人もいますが、お母さんが努力したとしても防げない場合もあるのです。しかし、なるべく身体を冷やさないように、激しい運動は控える、生活環境を整えるなど、少しだけ赤ちゃんに気遣う事で防げる事もあるかもしれません。もし、出血がひどかったり腰痛や腹痛がある場合は産婦人科に行き絶対安静にしましょう。

 

 

次の妊娠はいつから

 

大体赤ちゃんの心拍が確認できれば、流産する確率はぐんと減るといわれています。大体5%程度といわれていますが、100%流産しなくなるという訳ではありません。

第一段階クリアという事で流産の確率は減りますが、妊娠週数に合った育ち方をしているか、心拍が弱くないかと、やはり赤ちゃんが無事産まれてくるまでは分かりません。基本的には、成長していけばどんどん流産の確率も下がってくるでしょう。腹帯をしめる頃、安定期に入れば、ほっとする時期です。妊娠生活にも慣れてきて、つわりも終わりしんどい時期がちょっとゆるくなります。

流産してしまうともう赤ちゃんが出来ないのではないか、と不安になってしまいますね。反対に、次こそ頑張ると思っているお母さんもいるでしょう。では、もし流産した場合、次はいつから妊娠することができるのでしょうか。大体産婦人科では、1回生理が来れば次から妊娠ができますと言われると思います。流産の手術後、子宮内がきれいになっているため、妊娠しやすくなるとも言われています。ただ、お母さんの体力の回復、精神的なダメージの回復をまってから、次の赤ちゃんを万全の体制で迎えましょう。

スポンサードリンク