スポンサードリンク

妊娠初期に腹痛と腰痛はよく起こる痛みの一つです。

妊娠して身体の中で変化が起こっている証拠です。

でもやっぱり心配になりますね。妊娠症状と病気の痛みとどう違うのでしょうか。

 

目次

妊娠初期の症状

妊娠初期の腹痛と腰痛

妊娠初期の気になる痛み

 

 

妊娠初期症状

 

妊娠すると、出産するまで週数で数えていきます。妊娠が発覚してから出産まで大体「十月十日(とつきとおか)」、約10か月かかります。

妊娠初期にはいろいろな妊娠症状が出てきます。今まで感じなかった匂いに敏感になったり、足の付け根が痛くなったりといろいろな症状が出てきますが、妊娠初期とはいったいいつまでの期間でしょうか。妊娠期間は、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つに分けられます。妊娠初期は4週から15週までの間の期間のことをいい、この時期は特に注意しなければいけないことがあります。いつもきちんと生理が来ている人であれば、生理が止まれば妊娠だと分かるでしょう。あまり早く病院に行きすぎると赤ちゃんがまだ小さすぎて見えない場合もありますので、大体生理が来なくなってから2週間くらいすれば病院に診察に行きましょう。妊娠初期症状としては、生理が止まる、眠気が増す、匂いが敏感になる。喉が渇く、胃のむかつき、食べ物の好みが変わる、お腹や胸の張り、トイレが近い便秘、下痢、等いろいろとあります。

 

妊娠初期の腹痛と腰痛

 

妊娠初期に腹痛と腰痛があったという方は多くいます。しかし、生理前にも同じく腹痛や腰痛があると思いますがどのように痛みが違っているのでしょうか。生理前に起こる腰痛や腹痛は、身体の後ろ側、背からから腰そして太もも近くまでに鈍い痛みを感じるという人が多いです。お腹も子宮の裏側当たりが痛くなる人が多いですね。生理前にいつも腰やお腹が痛くなる人の場合は、妊娠初期症状の場合、いつもと違う場所であったり痛み方が違うという人が多いです。

妊娠初期の痛みとしては、生理予定日位から痛みが出てきて骨盤に痛みを感じる人もいれば、生理になるときと同じように痛みが出てくる人もいて、個人個人で痛みが違うようです。

妊娠するとどうしてお腹や腰が痛くなるのでしょうか。

原因の一つとしては、卵巣ホルモンの1種であるリラキシンがあげられます。このホルモンは関節を緩める役割があります。そのため骨盤の関節が緩み腰痛が起こるのです。他にはプロスタグランジンというホルモンも子宮の収縮や血行不良等から腰痛になるようです。

また、赤ちゃんが子宮内に着床し大きくなろうとしている事でお腹が痛くなったり、プロスタグランジンの分泌による子宮の収縮から、下腹部が痛くなることがあります。

 

 

妊娠初期の気になる痛み

 

妊娠初期の症状として腹痛や腰痛はよく起こるものであって、通常の痛みであれば特に心配しなくてよいといわれています。通常の妊娠初期のお腹の痛みというのは、ごく軽めの生理痛のような痛みや下腹部が重いような痛みですが、寝ていても何をしていても痛みを感じたり、どんどん痛みがひどくなったり、出血が続いているような場合はすぐに病院に行ってみてもらいましょう。出血のある場合は、子宮外妊娠の可能性もあります。自分で大丈夫だと決めつけないで、一度病院で見てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク