スポンサードリンク

妊娠初期の頃、腰痛になった人が多いと思います。

これって、大丈夫?ととっても心配になりますよね。

では、危険な腰痛ってどんな痛み?普通と違うの?

 

目次

妊娠初期の腰痛

これって普通の腰痛?それとも流産?

腰痛を防ぐには?腰痛対策

 

 

妊娠初期の腰痛

 

妊娠初期の腰痛には多くの妊婦さんが悩みます。どうして腰痛になるのか。原因の一つは、ホルモンの1種でリラキシンというものが多く分泌されるようになる為なのです。

リラキシンの働きというのは、出産時に産道を赤ちゃんが通りやすくするために骨盤を支えている靭帯をを緩ませることですが、その為に骨盤が不安定になり腰痛を引き起こすのです。

腰痛になる人は多いのですが、痛みの度合いには個人差があります。ちょっと違和感を感じるなと思う人から、動くのがしんどい人まで様々です。あまりにも動かなさすぎるというのも腰痛の原因になります。適度に動き、腰回りの血行を良くする事によって痛みも和らぐ事もありますし、動く事によってストレスの発散にもなります。あまり思いすぎて神経質になりすぎないように過ごすようにしてください。

妊娠初期症状の一つとして腰痛がありますが、流産の兆候の一つとしても腰痛があります。腰痛があるからといって流産であるという訳ではないですが、腰痛がひどく腹痛もあって、出血もあるようであれば早急に産婦人科に行ってみてもらう事をお勧めします。

 

 

これって普通の腰痛?それとも流産?

 

妊娠をしていなくても腰痛にはなります。妊娠初期症状の腰痛と流産のサインの腰痛、どう違うのでしょうか。

腹痛、出血、腰痛と一緒に痛みがある場合は注意が必要です。ちょっとした腰痛だけであれば、妊娠初期症状だと思われますが、前かがみになってしまうような腰痛や、出血が伴う腰痛の場合は診察を受けるようにしましょう。ただ、腰痛にならなかったからと言って、流産しないという事は言い切れないということを理解しておきましょう。

 

 

腰痛を防ぐには?腰痛対策

 

妊娠初期はどうしても腰痛になる人が多いです。しかし、予防をする事によって腰痛が和らいだり、変に身体に負担がかかったりすることがありませんので、腰痛対策は必要となってきます。腰痛対策として何をすればいいのでしょうか。

妊娠初期の激しい運動は避けてもらいたいのですが過保護になりすぎてもいけません。なるべくゆっくりでいいので身体を動かすようにしましょう。

つわりで体調が悪い場合は無理に動かなくても大丈夫です。体調がいい時に軽く運動するようにしましょう。下にある物を持ち上げる時、一度しゃがんでから持ち上げるようにします。中腰になると腰に負担がかかってしまいますので、腰痛の原因になります。普段からもそうですが、身体や腰、下半身を冷やさないようにしましょう。腰が痛い時はカイロを腰に貼るのもいいかもしれませんね。

そのほかは、横向きに寝たり、抱き枕を使用したりするのもいいでしょう。または、パパに腰をマッサージしてもらうといいかもしれません。コミュニケーションも取れるし、少しかもしれませんが、痛みが軽減されるでしょう。骨盤ベルトやガードルの使用もお勧めします。ベルトやガードルを使用することによって冷え予防にもなりますので、一石二鳥です。

普段であれば湿布を利用される方もいると思います。第1類医薬品は妊娠中は利用できませんので注意しましょう。第2類外用消炎鎮痛剤は製品によって異なりますが、湿布の注意書きに妊婦さんは使用しないようにと記載されています。市販されている湿布薬では、第3類医薬品に分類される外用消炎鎮痛剤が、妊婦さんも使用が可能となっています。

スポンサードリンク