スポンサードリンク

妊娠中は抵抗力が落ちていて、どうしても風邪をひきやすくなります。

気を付けていても風邪をひいてしまった場合、薬を飲まずに我慢しますか?

妊娠中はそれでなくても体内の水分が少なくなりがちです。咳をすればお腹に力が入ってしまって、子宮が収縮してしまいます。なるべく安静にして休んでも治らないようであれば一度病院に相談してください。

 

 

目次

妊婦さんと葛根湯

妊婦さんと風邪薬

薬以外で風邪を治すには

 

 

 

妊婦さんと葛根湯

 

皆さんは葛根湯にお世話になったことがあるでしょうか。風邪のひき初めに服用する事で、症状が和らぐとされています。また、妊婦さんの服用できるお薬は限られていますが、その中でも葛根湯は利用されています。

しかし、葛根湯はおなかの赤ちゃんに影響はないのでしょうか。葛根湯は、風邪のひき初めに有効的な漢方薬です。効能は鎮静作用、肩こり、発熱、寒気、頭痛、筋肉痛等に利用されます。葛根湯は漢方薬ですので、独特な苦みがあります。オブラートに包んで飲むか、舌にお薬が触れないようにすれば飲みやすくなると思います。

また、葛根湯にも種類があります。錠剤、細粒、液体、またメーカーによって細粒や粒の大きさも変わってきます。葛根湯の細粒タイプの種類に満量処方と記載されているものがあります。これは、法律で決められている成分ギリギリまでお薬が入っているという事になります。市販で販売されている漢方薬や薬は病院で処方されるお薬よりも含まれている両が少ないのでなんらかの奇形を引き起こすようなことは少ないと思います。しかし、大丈夫だろうと勝手に判断して飲んだ薬の中には飲まない方がよい成分が含まれている場合もありますので一度産婦人科に相談した方が良いでしょう。

葛根湯にはほとんど副作用が出る事がありません。人によっては、吐き気が出たり、発汗過多になったりする場合もありませんが葛根湯を飲んで、いつもと違う症状が出た場合は、病院に相談してください。

 

 

妊婦さんと風邪薬

 

よくあるのが、妊娠しているとは知らずに風邪薬を飲んでしまった。というような事。妊娠すると何もかもが不安になってしまうと思います。規定量以上の風薬をガバガバ飲んでしまったのであれば問題ですが赤ちゃんに対して問題のある成分が含まれているお薬を飲んだ人でも99.9%問題なく出産しているという事です。

お薬を飲まなくても、赤ちゃんにリスクがあるかどうかというのは出産してみなければ分からないという事が実際の話です。問題のあるお薬を飲んだからといって、必ずリスクをもった赤ちゃんが産まれているという事もありません。市販されているお薬の場合であれば、問題のないお薬がほとんどです。しかし、持病があり、そのお薬を病院で処方されていて飲み続けていた場合はリスクが高くなる場合もあります。どちらにしても病院で相談してみるといいでしょう。

 

 

薬以外で風邪を治すには

 

妊娠中は免疫が落ちますのでどうして風邪をひきやすくなります。しかし、お薬は飲みたくないという人が多いです。自力で治そうとしても、免疫が落ちているので、なかなか治りにくいのです。では、薬の力を頼らずに、風邪を治すにはどうすればいいのか。

まずは、ゆっくりと休息するのが必要です。栄養をしっかりととり、しっかりと睡眠時間を確保する。

すると抵抗力が上がり徐々に回復するでしょう。また、身体を冷やさないようにしましょう。2,3日しても改善されないようであれば、脱水症状等も心配になってきますので、産婦人科に相談してお薬を処方してもらった方がいいでしょう。

スポンサードリンク