スポンサードリンク

お寿司、好きな人多いと思います。私も大好きです。でも、妊婦さんであればちょっと待ってください。妊婦さんには食べてもらいたくない寿司ネタもあります。妊娠中はどうしても食べるもにも気を使いますね。安全に食べられるものを調べてみましょう。

 

目次

妊婦さんと赤ちゃんへの影響

鮭やマグロはダメなの?

安全に食べられる食事

 

 

 

妊婦さんと赤ちゃんへの影響

 

絶対にお寿司、というより生物を食べてはいけない!という訳ではありません。控えた方がいいですよという程度のものです。理由としては、生物の場合、食中毒が心配されます。スーパー等では、どうしても気になるのが、割引シールを張られた惣菜やお寿司。これは賞味期限が迫っているから割引になっているものですので新鮮とは言えません。妊婦さんにはお勧めできないです。

どうしてここまで控えた方がいいといわれるのか。妊婦さんは免疫力や抵抗力が妊娠していない時と比べると低下しています。もしも、食中毒になった場合、妊婦さんが服用できる薬は制限されています。下痢や嘔吐を繰り返すと、脱水症状がおきますし、嘔吐を繰り返す場合は、子宮収縮も気になります。このような事もあり生ものは控える方がいいと言われているのです。

 

 

鮭やマグロはダメなの?

 

生物の中でも特に注意してもらいたいものは何か。食中毒になりやすい食べ物としては、牡蠣や二枚貝があります。寄生虫に注意してもらいたい食べ物がイカや鮭、サバ等青魚は寄生虫が気になります。釣りをして持って帰ってきた魚も注意してください。また、マグロやクジラ、金目鯛等には、水銀が多く含まれています。厚生労働省では、本マグロは1週間に80g以下の摂取と決めています。

水銀はお腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があります。たとえば、ちょっとした音の聞こえが悪くなる可能性があるだけで重篤な影響があるわけではありませんし、生活に支障が出るようなものではありません。しかし、出来れば100%元気な赤ちゃんを産みたいと考えているでしょう。そのため、食べ過ぎは良くないという事で控えるといいでしょう。

 

安全に食べられる食事

 

水銀が多く含まれないおさかなであれば食べても大丈夫です。しかし、くるくる寿司やスーパー等で販売されているお寿司は乾燥を防ぐために、油が塗られていたりします。妊婦さんは極度の体重増加はダメですので、いずれにしても、よく噛み、ゆっくりとお茶を飲みながら食事してください。また生魚は極力避けて食べるようにしてください。卵や蒸しアナゴ、あぶった魚、ボイルされたエビ等調理されているネタを選ぶようにしましょう。どうしても1つ、2つ食べたいと思った場合は、しょうがやワサビ等、殺菌作用のある食べ物を一緒に食べるといいでしょう。

夏場の場合は、生ものは痛み安いですので、出来れば生ものは避けた方がいいでしょう。二枚貝等はノロウィルスの原因となりますのでやめておいた方がいいでしょう。しかし、毎日3食お寿司ばっかり食べる方もいないと思います。たまに食べるぐらいであれば、気持ち悪くなるぐらい食べないのであれば大丈夫です。あれもダメ、これもダメと制限がかかるとストレスになります。何事も食べ過ぎは禁物です。妊娠が分からずたくさん食べてしまった場合も同じです。毎日毎日食べなかったらそんなに気にする必要はありません。

 

スポンサードリンク