スポンサードリンク

妊娠中はどうしても身体を動かす事が少なくなりますので太ってしまう人が多くいます。

病院に検診に行った時に、太りすぎですと先生に注意される人も少ないはずです。

では、どのようにすれば健康的にダイエットができるのでしょうか。

 

 

目次

自分の体重増加量知っていますか

ダイエットが必要な人

妊娠中のダイエット方法

 

 

自分の体重増加量知っていますか

 

赤ちゃんが出来たら、赤ちゃんの為に栄養を取らないと!とおいしいものをどんどん食べている人も多いと思います。しかし、妊婦さんには、もともとの体系から考えた体重増加量という目安があります、知っていますか?まずは、自分のBMIを計算します。

妊娠前の体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI

この計算したBMIが8.5未満の方の体重増加目安は大体9~12kg、BMIが8.5~25未満の方の体重増加目安は大体7~12kg、BMIが25の方の体重増加目安は5~7kgとなっています。

妊娠すれば、赤ちゃんもどんどん大きくなっていきますが妊娠初期に体重を増やしすぎると、後期になってから急に赤ちゃんが大きくなった場合ダイエットが大変になってしまいます。体重増加量がこの計算より大幅に増えている人はダイエットが必要となってきます。

 

 

 

ダイエットが必要な人

 

妊娠中の激しい運動はNGですが、太りすぎると様々なリスクも出てきます。

基準以上大幅な体重増加は、妊婦健診時に先生よりダイエットをするよう指導が入る場合もあります。ダイエットする理由としては、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病、産道に贅肉がついてしまって赤ちゃんが下りてきにくくなり難産になる場合もあります。生活習慣を正しく治すことによって、無駄な間食などもなくなる事もあります。無理なダイエットは厳禁ですが、ちょっとしたヨガやウォーキング等は心がけるといいでしょう。また、妊娠すると便秘になる人も多くなります。

便秘が改善されると体重増加が少なる事が期待できます。腸内環境を整える為にも、食生活を改善するようにしましょう。出産には体力が必要となります。また軽く運動をすることによって筋力もつきます。ウォーキングをする事によって有酸素運動ができます。

ウォーキングをする事によってリラックス効果もありますので、楽しんで軽い運動をするといいでしょう。身体を冷やすと代謝が悪くなります。身体を冷やさないように服装や時間帯にも気を付けて

ゆっくりと運動をしましょう。

妊娠中のダイエット方法

 

妊娠中のダイエット方法を時期に合わせてご紹介しましょう。

 

妊娠初期に向いているダイエット方法

妊娠初期は不安の方が多いと思います。絶対に無理な運動は厳禁な時期です。しかし、過保護になりすぎてお家でゴロゴロしているだけでは体重の増加や腰痛の原因になってしまいます。

妊娠初期のダイエットとして、軽いウォーキングをお勧めします。つわりのひどい時期でもありますが、外に出て気分転換するのもいいでしょう。適度な運動をする事で、つわりも軽減されるとも言われています。ウォーキングする時には、もしもの時の事を考え、母子手帳、保健所、診察券

飲み物、タオル、携帯電話、もしもの時のタクシー代を持って出かけましょう。一応、ウォーキングをする前に産婦人科で相談してからにしましょう。

 

妊娠中期に向いているダイエット方法

この時期になれば、つわりも落ち着き、妊娠生活が楽しくなってくる頃でしょう。

この頃から、ヨガやエアロビクス等ができるようになってきますので楽しんでできるダイエットをお勧めします。ヨガやエクササイズは、リラックス効果がありますし、無理をせず取り組む事が出来ますので産婦人科では、教室を開いている所も多くあります。つわりが終わり、食欲がわいてくる時期でもあります。どうしても食べ過ぎてしまうと思いますが、妊娠中毒症等になる危険がありますので食生活を見直し、バランスのよい食事をするようにしましょう。

 

妊娠後期に向いているダイエット方法

どんどん赤ちゃんが大きくなってくる時期です。その為に体重の増加が激しい時期です。

その為に、身体も負担が多くなって腰痛になる人も多くいます。お腹が大きくなり、動きにくくなるかと思いますがこの時期の体重管理は重要な課題となります。

便秘や腰痛、足の痛みやむくみ等出てきますので、適度な運動を心がけていきましょう。この時期から急にスイミングに行ったりするのは無理です。しかし、運動をしなければ、赤ちゃんもなかなか下に降りてきてくれないという事になり予定日よりも過ぎてしまう事も多くあります。出産に向けて、軽くウォーキングをしたり、家の中で軽く体操やストレッチをする等、体力をつけるようにします。

スポンサードリンク