スポンサードリンク

妊娠中の便秘症状。とても厄介ですよね。妊娠前のようにトイレでお腹に力を入れるのも怖いし、便秘薬も飲んで良いのか分からない…不安でいっぱいだと思います。妊婦さんの便秘の原因と便秘薬についての知識を勉強して、1日でも早く便秘とさよならしましょう!

 

目次

・妊娠初期と後期で違う!便秘の原因

・便秘の基準

・便秘薬は飲んでも大丈夫?

 

妊娠初期と後期で違う!便秘の原因

妊娠の初期・後期症状の一つに便秘があります。つい同じ便秘と思いがちですが、それぞれ原因が違うのです。

妊娠初期の便秘は、黄体ホルモンという女性ホルモンの影響によって起きています。このホルモンには腸の運動を抑え込む働きがあり、これによって子宮の収縮による流産を防いでくれています。しかし腸の動きが鈍るため、妊婦さんは便秘を感じてしまうのです。

この時期は、トイレで普通にいきむ程度では問題ありませんが、あまり力を入れ過ぎて無理にいきむことは危険です。流産する可能性があります。その時は恥ずかしがらず、病院で薬を処方してもらってください。

妊娠後期に便秘になるか否かは、妊娠中期(安定期)の生活スタイルによって決まります。妊娠中は神経質になりがち。つい「何かあったら一大事だから」と運動不足になってしまうことがあります。運動不足は便秘の原因の一つです。安定期に入ったら、今後のことを考えて軽い運動を心がけるようにしましょう。

 

便秘の基準

そもそもどこからが「便秘」なのでしょうか?

実は便秘には明確な基準というものがありません。これは、便通の回数と量にかなりの個人差があるためです。便通は毎日ある方が望ましいですが、人によっては子どもの頃から1日置きだという場合もあるでしょう。

基本的には、日常生活に支障が無ければ便秘ではありません。

ただし、今までよりも便通の頻度が極端に少ない、週に1回しか出ないなど、明らかに回数が少ない場合は便秘である可能性が高いです。便秘を自覚したら、早め早めの対処を心がけましょう。無理にいきんだ結果、流産してしまった…そんな悲しい事態にならないよう、酷くならないうちに医師の相談を受けてくださいね。

 

便秘薬は飲んでも大丈夫?

妊娠前から便秘気味だった方は、常備薬として便秘薬を持っているかと思います。でもその便秘薬、使うのはちょっと待ってください。実は、市販の便秘薬の中には子宮を収縮させるものがあるのです。この効果により、流産や早産を誘発してしまう可能性があります。特に「センナ」「大黄」といった成分は、妊婦さんが避けるべき成分なので注意してください。便秘薬を飲む際は、まずかかりつけの医師や薬剤師に相談するのがベストです。

便秘薬には色々なタイプがあります。「便の量・水分を増加させて、排出しやすくするタイプ」「大腸に直接刺激を与えて便の移動をスムーズにするタイプ」「便に水分を与えてやわらかくするタイプ」などです。現在の自分の便秘症状に合った薬を選ぶようにしましょう。ただし、便秘薬はあくまで今ある便の排出を促してくれる薬です。便秘が根本的に解決するわけではないので気をつけてくださいね。

また、薬のせいでひどい下痢になるのが心配な方は就寝前に服用するようにしましょう。小腸は昼間・大腸は夜間に活発化するため、就寝前に便秘薬を飲むことで翌朝には排便に適したやわらかさの便が作られます。

 

スポンサードリンク