スポンサードリンク

妊娠中に起こる吐き気。つわりの一つだと思っていたその吐き気、実は便秘、またはそのほかの原因から来ているものかもしれません。

 

目次

便秘からくる吐き気?

便秘に効く食べ物

妊娠中の吐き気 実はこんな要因も

 

便秘からくる吐き気?

妊娠中は便秘になりやすくなります。それは、妊娠すると活発に分泌されるようになる黄体ホルモンが大腸の動きを抑制してしまい、なかなか便が出なくなるのです。また、赤ちゃんが大きくなると腸が圧迫されて便通が悪くなったり、水分不足、運動不足からくるものもあります。

そんな便秘がかなり進むと、吐き気を引き起こすことがあります。便秘が何日も続いていると、腸が便でパンパンになって、食べ物が腸に下りて行かず、吐き気につながるのです。そんな時は、無理やり我慢せず、吐いた方がいいでしょう。でも妊婦さんにとっては、吐くときにトイレで辛い体制をとるとお腹に負担がかかりますから、気をつけましょう。また、病院で処方された便秘薬によって吐き気が起こることもあります。そういう時は、早めに飲むのをやめて相談するようにしましょう。

 

便秘に効く食べ物

妊娠中、特に妊娠初期は市販の便秘薬はNG。食べ物で便秘を解消していきましょう。便秘に効く食べ物といえば、海藻類、豆類、きのこ類、いも類、果物類といったものが効果的と言われています。ヨーグルトを食べたり、豆乳を飲んだりしてもいいでしょう。納豆には、腸の善玉菌を増やす効果もあります。また、バナナには食物繊維がバランスよく含まれており、腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖も豊富に含まれています。

他にも、オリーブオイル。朝、腸の運動が盛んな時に大さじ一杯摂るといいようです。このようなものを食事に積極的に取り入れることは、便秘だけではなく赤ちゃんへの栄養としても非常にいいので試してみましょう。

 

妊娠中の吐き気 実はこんな要因も

つわりの吐き気とは区別しなければいけない、ほかの病気が原因になっている吐き気もあるので注意しましょう。たとえば、胃炎、腸炎、腸閉そくなどの胃腸の病気。肝臓周辺の病気、腎不全、糖尿病、も吐き気を催すことがあるので、注意しましょう。首や肩が凝りすぎていたりしても吐き気につながるようです。

吐き気止めが必要な場合は、市販のものではなく、お医者さんに相談して、処方してもらいましょう。妊娠中でも比較的安心して飲める吐き気止めがあります。つわりに効く漢方薬もあるので、相談してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク