スポンサードリンク

妊娠中には医師による厳しい体重管理があります。そんな中で便秘になってしまったらとても困りますよね。体重管理だけでも精一杯なのに、便秘も解消しなければならない。ストレスが溜まってしまいます。妊娠中の体重管理の基本的な考え方を勉強して、便秘への正しい対処法を身に付けましょう。

 

目次

・妊娠中の体重管理、基礎知識

・お腹が張ってる。これって便秘?

・便秘の対処法と予防策

 

妊娠中の体重管理、基礎知識

何故、妊娠中に体重管理をする必要があるのでしょうか?

妊娠中に体重が増えるのは当たり前のことです。お腹の中の赤ちゃんは日に日に大きくなっていきますし、羊水や血液・水分、皮下脂肪などの増加に伴って、妊婦さんの体重も増加していきます。これら増加するものを合計すると、約8kgになると言われています。つまり、妊婦さんの体重が妊娠前よりも8kg程度増えることは自然な現象なのです。

しかし妊婦さんが太り過ぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などにかかりやすくなります。また、妊娠線が出来やすくなったり、余計な脂肪により産道が狭くなってしまう可能性が高くなります。妊娠中や産後の母子の健康のため、妊婦さんの体重管理は必要不可欠なものなのです。

妊娠中の体重管理では、体重の値そのものではなく増え方に重点が置かれます。体重増加の目安は約8kgですが、これは妊娠前の肥満度によって変化します。

妊婦さんの体重は増加するのが当たり前。妊娠中はダイエットなどで体重を減らすのではなく、出来る限り増えを抑えるように心がけましょう。

 

お腹が張ってる。これって便秘?

妊娠中にお腹が張ることがあります。これは大抵の場合、子宮の収縮による影響です。しかし、ガスが溜まっていたり、便秘になった場合にもお腹が張ったと感じることがあります。

見分け方はお腹の硬さ具合。子宮収縮によるお腹の張りでは、カチカチ・パンパンな状態になります。痛みもありません。

不安であればすぐに産婦人科での受診をお勧めしますが、このようにお腹を触ってみることで判断することも出来るのです。

 

便秘の対処法と予防策

さて、実際に便秘になってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

妊娠前であれば浣腸を使って排便するという方法があります。しかし、妊娠中の浣腸は流産の危険を否定出来ないので避けた方が無難です。実は「浣腸で流産をした」と言う前例は無いのですが、最も有名なイチジク浣腸も妊婦さんの使用を避けるように勧めています。浣腸は、大腸を激しく痙攣させることによって排便を促します。そのとき、子宮も収縮を起こしてしまうのです。そのため、浣腸は流産や早産の危険があるので使用しないことが望ましいとされています。

でもどうしても辛いのであれば、自己判断ではなく医師の指導の下で薬の使用を検討してみることも大切です。

とはいえ、そもそも便秘にならないに越したことはありませんよね。便秘の予防策は適度な運動と食事。体重が増えすぎると血行が悪くなるため、便秘の悪化に繋がります。運動はきちんとしておきましょう。

食事の摂り方にもポイントがあります。便秘予防のために必須な栄養素を紹介します。

まずは食物繊維。さつまいもやごぼう、海藻類やキノコ類に多く含まれます。ただし食物繊維は消化されにくいため、妊婦さんが大量に摂取することはお勧め出来ません。調理する時は食材を出来るだけ細かく切り、柔らかく煮るなどして摂取するようにしましょう。

次に油分。体重管理中は避けてしまいがちですが、便通にとってはとても重要な栄養素です。適度に摂るようにしてください。

最後に乳酸菌やオリゴ糖。ヨーグルトなどを食べて、効率良く摂取しましょう。

 

スポンサードリンク