スポンサードリンク

妊娠中の便秘にオリゴ糖が効く?!効果的な摂取方法もまとめました。

 

 

目次

そもそもなぜ妊娠中に便秘になるの?

オリゴ糖がいいわけ

どうやってオリゴ糖を摂る?

 

 

そもそもなぜ妊娠中に便秘になるの?

妊娠すると、ホルモンバランスが変化したり、子宮が腸を圧迫しあたりすることから便秘になります。また、つわりなどによって水分不足になると、便秘になります。

ところで、便秘は赤ちゃんに影響するのでしょうか。出産時にお母さんの産道を通って赤ちゃんは生まれてきますが、実は、この産道に生息している細菌、腸内細菌と類似しています。つまりお母さんが便秘状態で、腸内環境が非常に悪いと、赤ちゃんが産道を通って出てくるときにその細菌を口から取り込むので、同じ悪い腸内環境を取り入れてしまうことになるのです。赤ちゃんも便秘や下痢になりやすかったり、免疫力の低下につながることも。おかあさんの腸内環境を整えることは本当に大切です。赤ちゃんの腸内環境の基礎がお母さんの腸内環境によって変わってきてしまうわけです。

 

オリゴ糖がいいわけ

オリゴ糖は、ビフィズス菌の餌になるものです。ビフィズス菌は、善玉菌の代表で、腸内環境を良くしてくれます。実はこのビフィズス菌、普通に生活していると、どんどん減少していってしまうのです。だからどうにかして増やしていかないといけないわけですが、ビフィズス菌入りのヨーグルトなどの健康食品のなかには、腸に届く前に消化されてしまうものが多くあります。だから、ビフィズス菌の餌である、オリゴ糖。オリゴ糖は、なんと分解されることなく腸まで届きます。それにオリゴ糖は、母乳に含まれる成分なので、赤ちゃんが摂取しても全く問題ありません。また、オリゴ糖のカロリーは、ブドウ糖の半分しかありません。それに、オリゴ糖はカロリーが体内に吸収されにくいのです。食事制限と闘っている妊婦さんに強い味方ですね。

 

どうやってオリゴ糖を摂る?

市販で売られているオリゴ糖は純度が低い場合がありますが、今は健康食品の通販などで純度の高いオリゴ糖を購入することができます。効果的なのは、排便後にのみ始めること。オリゴ糖と一緒に水をのむといいようです。冷たすぎる水ではなく、常温の水にしましょう。また、無糖ヨーグルトに入れて摂るのもおすすめです。バナナなどの果物と、水、オリゴ糖でスムージーにしたり、普段飲んでいるお茶、コーヒーなどに混ぜて飲んだりと、気軽に摂れるのもオリゴ糖の魅力の一つです。

スポンサードリンク