スポンサードリンク

妊娠の初期症状といえば「つわり」です。酷い吐き気や嘔吐・胃のむかつき等が主な症状ですが、妊婦さんの中には胃の痛みを感じる人もいます。痛みの度合いは人それぞれ。「ちょっとチクチクするかな?」という程度の人もいれば、あまりの痛みに動けなくなってしまう人もいます。この胃痛、原因は一体何なのでしょうか?そしてどうやって乗り越えていくべきなのでしょうか?

 

目次

・妊娠初期の胃痛

・妊娠中期、後期の胃痛

・妊娠中の胃痛の対処方法

 

妊娠初期の胃痛

妊娠初期の胃痛はつわりの症状の一つです。妊娠中は消化不良が起きやすく、その影響で胃痛が起きているのです。妊娠中にお腹の辺りが痛くなるのはとても不安かもしれませんが、胃痛自体が胎児に悪影響を与えることは無いので安心してください。

それよりも胃が痛いからといって食事を摂らないことの方がお腹の子に悪影響です。食事や間食をする際は無理せず少量に分けて、よく噛んで食べることが大切です。

 

妊娠中期、後期の胃痛

多くの人の場合、妊娠中期頃にはつわりが軽くなってきます。しかし、人によってはつわりの嘔吐によって胃が荒れてしまい、胃痛が続く場合があるのです。稀に「出産するまでつわりが続いた」という妊婦さんがいますが、それは途中から逆流性食道炎を発症していた可能性があります。「もう妊娠中期なのに、いつまでもつわりが終わらない」と感じたら、逆流性食道炎を疑ってみましょう。

妊娠後期の胃痛は「後期つわり」と呼ばれています。この痛みの正体はお腹の中の赤ちゃんの重みです。妊娠後期ともなるとお腹の中の赤ちゃんはかなり大きくなっています。そのため、赤ちゃんがお母さんの胃を圧迫してしまうことがあるのです。胃が圧迫されているなと感じたり、胃に焼けるような痛みを感じた時は後期つわりを疑ってみてください。

大抵の場合、出産後はお腹の圧迫が取れるので胃痛の症状も治まります。しかし、胃の粘膜が荒れたままになっていると、産後も逆流性食道炎の症状が起きてしまう可能性があるので注意が必要です。

中期・後期いずれにしても、食事は胃に負担をかけないよう気を付けることがポイントです。消化の悪い食べ物や、刺激物、炭酸飲料などは避けるようにしてください。

 

妊娠中の胃痛の対処方法

胃痛の原因は消化不良や胃の粘膜が荒れていること。そのため食事を摂る際は、胃腸を荒らさず、すぐに消化出来るものを摂るように心がけましょう。また、食物繊維は胃を刺激してしまうので、大量に摂らないように気をつけてください。

胃に優しい食べ物の例

・おかゆ、蒸しパン、柔らかく茹でたうどん

・半熟卵、ささみ、白身魚

・ほうれん草、キャベツ、じゃがいも

・ヨーグルト、乳酸菌飲料

調理時は、出来るだけ食材を細かく切るようにしましょう。野菜などは出来るだけ生食は避け、火を通すようにしてください。固い根菜類などはくたくたになるまで煮込むとベストです。

食事の際は一度に全てを食べようとせず、無理の無い量を小分けにして食べるようにしましょう。

また、あまりに痛みが酷い場合は医師の判断を仰いだ上で胃薬に頼ることも検討してみてください。ただし胃薬には「胃酸を中和してコントロールするタイプ」「消化を助けるタイプ」など、症状によって様々な種類があります。上で説明した通り、妊娠の時期によって胃痛の原因は異なります。間違ったタイプのものを服用しても効果がありません。現在の自分の状況に合った薬を選択するようにしましょう。

 

スポンサードリンク