スポンサードリンク

結婚し新しい家族を作り楽しい家庭を作りたい。

そろそろ赤ちゃんでもと考えているご夫婦いるでしょう。

あなたは今20代?30代?40代?

初産?2人目?3人目?

それとも、まだ2人でゆっくりと過ごしたいと考えている人もいますよね。

でも、妊娠出産にも適齢期があります。

では、いつが妊娠出産の適齢期なのでしょうか。

1

男性も女性も年齢によって妊娠適齢期があるのでしょうか?

2

年々結婚する年齢が遅くなってきています。

仕事を一生懸命しているせいで出会いがなかったり

自分の理想としている男性、女性となかなか巡り会わないといった事もあるでしょう。

そのような事もあって、だんだんと結婚が遅くなってきているようです。

高齢出産の年齢がだいたい35歳くらいだといわれていましたが

今や40歳を超えるようになってきました。

それでは、適齢というのはいつなのでしょうか?

20歳そこそこで結婚妊娠出産するには、

働き出して少しですので、お金もたまっておらず

そして遊びもまだまだ足りない時期です。

かといって35歳ぐらいになってくると、高齢出産の域になってしまいます。

となれば、大体20歳後半から33歳くらいが適齢期という事になります。

仕事もそこそここなし、遊びもある程度遊び、お金もたまり

そろそろ結婚して子供もできたらなと考える時期です。

日本の初産年齢は平均して大体が30歳くらいとなっています。

1950年代は24歳だったのに対して、やはり晩婚が進んでいるんですね。

年齢とともに、妊娠する確率も下がっていきます。

それは女性、男性共にいえる事です。

25歳の頃に30%くらいの自然妊娠確率があるに比べ

45歳になる頃には1%と、かなりの確率で下がっています。

女性の卵子の老化や卵巣内の卵母細胞数が急激に減少する事

男性の場合は、精子の老化も原因の一つです。

卵子は胎児期に一生分の卵が作られますが、精子は毎日新しく作られる

という事ですが、身体自体が老化すれば、精子も老化していくのです。

出産年齢に比例してダウン症も増加するのは本当か?

高齢出産になれば、ダウン症の赤ちゃんが増えるといわれます。

20歳代でのダウン症の発生率が0.1%に対し

40歳代になれば1%と上昇します。

高齢になれば、卵子と精子の老化が原因で

受精した受精卵に異常が出るという可能性が高まるのです。

約1000人に1人ダウン症の赤ちゃんが産まれるという確率です。

しかし統計的には、80%は35歳以下の妊婦さんから産まれているので

確率が高いですが、若ければ問題がないというわけではありません。

産まれてくる赤ちゃんに染色体の異常があるのかどうかは

出生前診断検査にてある程度の事はわかります。

最近の結婚事情、出産事情はどうなっているのか。

最近晩婚になる方が増えていますが

女性の方でも仕事をバリバリこなす方が増えています。

また、自分で仕事をしている事もあり、30歳前後になれば

お給料も年々上がってくる時期だと思います。

そうなれば、自分で自由になるお金も増え、結婚からどんどん

遠ざかっているという事につながるのです。

また、結婚する相手に対して、希望が高くなり

結婚する時期が遅くなってきているというわけです。

また、出産についても、結婚はあまり考えていないけれど

赤ちゃんは欲しいなと考える人もいるようです。

自分で生きていける、そう考えると結婚する時期が遅れ

結婚したとしても、晩婚になり高齢出産になるという事です。

男性も女性も、趣味が増え、自分ひとりの時間が欲しい、子供は欲しいと思わない、

といった理由から結婚から遠ざかる人が増えているのです。

スポンサードリンク