スポンサードリンク

高齢出産とは、35歳を過ぎて初めて出産をすることを指します。女性は年齢が上がるにつれて妊娠しにくくなると言われていますが、実際はどうなのでしょうか?そして、最近よく耳にする不妊治療とは本当に効果があるものなのでしょうか?

 

目次

・妊娠確率は年代によっても変わってくる

・子宮に病気があると妊娠出来ないの?

・不妊治療って本当に効果がある?

 

妊娠確率は年代によっても変わってくる

不妊には様々な原因があります。生活スタイル・体質・病気など考えられる要素は多々ありますが、その1つとして女性の年齢も挙げられます。

生理周期が安定していて比較的妊娠しやすい体質の女性の場合、25歳~30代前半の自然妊娠の確率は25~30%と言われています。この確率が30代後半には18%に下がります。さらに、40代前半での確率は5%となり、40代後半では1%にまで落ち込みます。

女性の年齢が上がるにしたがって、妊娠成功率は減少していく傾向があるのです。

また、それは男性についても同じことが言えます。アメリカで16~72歳の男性を対象にした、精子の質と量についての研究が行われました。その結果、男性は35歳から精子の質と量が低下するということが判明したのです。フランスの研究でも、夫が35歳以上の場合に不妊症の確率が増すという結果が出ています。40歳からはさらに状況が悪化していきます。

近年よく耳にする「二人目不妊」の原因も、この卵子と精子の質の低下にあると言われています。一人目の出産が成功したとしても、年月が経てば卵子や精子の状態も変化します。そのため、いざ二人目を作ろうという時になかなか妊娠しない、という状況が生まれてしまうのです。

とはいえ、30代を過ぎたら必ず不妊になってしまうというわけではありません。2013年に坂上みきさんが53歳で出産したことは、まだ記憶に新しいと思います。このように、いわゆる超高齢出産を成功させている例もあるのです。

 

子宮に病気があると妊娠出来ないの?

女性特有の病気というものがあります。子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がんなどです。子宮に関わる病気がある場合、妊娠することは出来ないのでしょうか?

妊娠は、受精卵が子宮に着床することによって初めて成立します。しかし母体が子宮筋腫を患っていると着床が難しくなり、その結果として不妊になってしまうことがあります。

また、子宮内膜症の女性は不妊になるという話がありますが、必ずしもその限りではありません。とはいえ、その確率は高く、患者の約半数が不妊症と診断されています。

子宮頸がんは早めに見つけることが重要です。処置が早ければ、将来的に妊娠や出産も可能になります。しかし治療が遅れてしまうと子宮を摘出しなければなりません。そうなると以降は妊娠を望むことが出来なくなるので、とても怖い病気と言えるでしょう。

 

不妊治療って本当に効果がある?

不妊治療による妊娠成功率は、その処置内容によって変わります。

不妊の原因が無排卵だけだった場合は排卵誘発剤という薬が使用され、約50%の女性が妊娠しています。

人工授精の場合の妊娠率は15~20%程度です。ただし、根気強く治療を続けた女性は70%の確率で妊娠しています。

体外受精の場合、女性の年齢によって成功率が変化します。35歳未満で41%、35歳~37歳で32%、38歳~40歳で23%であると言われています。

いずれにしても短期間の治療で諦めずに、パートナーと協力して長期的な治療を受けることが大切です。

 

スポンサードリンク