スポンサードリンク

男女共にいくつになっても恋愛をします。それはとても自然なことですし、二人とも既に大人ですから結婚や出産について考えることもあるでしょう。しかし、40歳前後ともなると考えるべきことはたくさんあります。今回は40代からの結婚と出産について、男女で認識しておくべきことを見ていきましょう。

 

目次

・高齢出産、妊娠出来る確率は?

・40代からの結婚と出産、男女で考えておくべきこと

・海外での高齢出産

 

高齢出産、妊娠出来る確率は?

 

女性の年齢が上がるにつれて妊娠・出産は難しくなると言われています。とはいえ、それは人それぞれ。20代で難産を経験する人もいれば、40代でも難なく初産を乗り越える人もいます。

しかし、年齢が妊娠成功率に大きく関わってきていることは最新の研究結果を見ても明らかです。一般的に女性の妊娠力は33歳以降に衰え始めるとされています。そして、40代前半での自然妊娠の確率は5%と言われており、40代後半には1%にまで低下してしまいます。つまり、40歳前後になってから「そろそろ子どもを授かりたいな」と思っても、なかなか妊娠出来ないかもしれないのです。

また、若い頃に初産を経験し、2人目・3人目を35歳以上になってから作るという場合も注意が必要です。前回は正常に妊娠出来たからといって、今回もまた妊娠出来るとは限りません。女性の加齢に伴い、卵子も歳を取っているのです。もしかしたら、前回よりも妊娠しにくい体質になっているかもしれません。そして無事に妊娠出来たとしても、経産婦とはいえ、年齢的には高齢出産という括りとなります。若い頃と比較して体力も衰えているはずなので、健康維持もより難しくなります。

 

40代からの結婚と出産、男女で考えておくべきこと

少なくともどちらか片方が40代以上である結婚の場合、男女共に認識しておくべき様々なリスクがあります。

まず、子どもが成人になるまで生きて養うことが出来るのか考えてみましょう。

次に、女性が高齢の場合は流産確率が高いというリスクがあります。自然流産の確率は約10%~15%であると言われていますが、35歳以上のデータだけをピックアップしてみると、その確率は約20%となるのです。

さらに、高齢出産の場合は妊娠高血圧症候群などの症状も引き起こしやすいですし、子どもの先天性異常の発症確率も高くなります。帝王切開となる可能性も高くなるでしょう。そして、年齢的なことを考えると2人目や3人目を作ることは困難となるかもしれません。もしかしたら1人目も作れないかもしれない…。これに関しては、男性が高齢であればあるほど寛大な傾向にありますが、男性の年齢が若いほど許容されないというパターンが多いようです。

このように高齢の結婚・出産には多くのリスクがあります。しかし、あれこれと心配していても何も始まらないことも事実です。大切なのは、男女共にこれらのリスクとしっかり向き合うことなのです。

 

海外での高齢出産

海外では多くの有名女優が高齢出産を成功させています。とても勇気付けられるニュースですが、これらの情報を鵜呑みにして「だから自分も大丈夫」と過信してしまうのは危険です。

彼女達は海外の超セレブなのです。海外では体外受精や卵子提供などの議論が日本よりも進んでいます。そのため、高齢出産したそのセレブが、卵子提供を受けたという可能性は否定出来ません。彼女達セレブがどのような方法で妊娠したのか、それを正しく把握する必要があるのです。

スポンサードリンク