スポンサードリンク

近年結婚しない人が増えてきています。

また、結婚したとしても、子供をなかなか作らない夫婦も増えてきます。

共働きの家庭が多くなり、出産や育児に費用がかかるために

家族はほしいけど・・・と考えている家庭も多いのです。

また最近の世の中は、女性が男性並みにお仕事をバリバリする人が増えており

一人でも生きていけると思ってしまう人も多いようですね。

結婚しても中には、なかなか子供ができなかったり、

結婚が遅かったりで、高齢出産になるご夫婦もあります。

高齢出産というのは、いったいいつからが高齢出産で

どのような危険があるのか、気になるところですね。

1

 

高齢出産はいつからが高齢?リスクってどんなリスク?

よく言われているが、高齢出産にはリスクが伴うといわれています。

しかし、高齢高齢といっても何歳からが高齢?と思いませんか。

高齢出産に挑むすべての女性にリスクがあるわけではありません。

頑張っているのは、お母さんだけではありません。

お腹の中の赤ちゃんも一緒に頑張っているのです。

また、家族の助けなしでは頑張れません。

家族一緒にかわいく新しい家族のために頑張っていきましょう。

出産というのは、年齢関係無しでも、本当は危険なものです。

若くてもトラブルはつきものですので

若ければ安心安全というのもではありません。

高齢出産がなぜ危険でリスクが伴うと言われてしまうので。

それは、流産や先天異常の発生率の向上、

また妊娠高血圧症候群になりやすいというのもあります。

そして、体力の問題も出てきますので、

どうしても帝王切開にするドクターも少なくはないのです。

一般的には35歳くらいから妊娠する力が低下していきます。

ですので、20歳の頃と比べると、妊娠する確率が下がってくるのです。

確率が下がれば、不妊となり、なかなか授からない。

やっと授かれば、40歳間近という事になってくるのです。

ですので、できるだけ35歳くらいまでには一人目は産んでいた方がいいでしょう。

妊娠しやすくするという意味では、

リラックスした環境を作る事も一つです。

高齢で結婚し、子供が早くほしいと思っても

性行為自体がない場合、精神的な問題も出てきて

ホルモン異常につながる場合もあります。

2

高齢妊娠で初産の場合は、なぜリスクが増加するの?

高齢出産で初産の場合は、難産になる場合が多いといわれています。

その原因として、子宮の入り口や赤ちゃんが下りてくる産道が

若い人や、2人目や3人目に比べ硬いため難産になりやすいといわれます。

また、若い人に比べて体力も結構落ちているはずです。

体力が落ちていて、お産の時間に対抗できる持久力がないために

帝王切開にする病院が多いのです。

産後の体力の回復も、やはり若い人に比べるとずいぶん違うでしょう。

このような事も考えて、一人目は35歳までに産んでいる方がいいといわれています。

と言っても、二人目、三人目であっても、

いろいろな事が考えられます。

二人目だから絶対に安全であるとは限らないのです。

また、出産後、育児をしてくのに、

やはり若い時の子供の方がママさんにも体力がありますので

一緒に遊んだりするのも、家事をするにしてもやりやすいですね。

高齢出産に適している病院は?分娩方法は?

先にお話しした通り、高齢出産には負担が大きくなります。

ですので、出産経験したママさんの意見を聞いたり

評判のいい病院などを選びたいですね。

どのような病院が高齢出産に適しているのでしょうか。

選んでいる条件として、高齢妊娠という事もあり

妊娠中のトラブルにすぐ対応してくれる病院がいいでしょう。

自宅から遠くなく、通院しやすい病院である事が第一条件です。

また、何かあった時にすぐ見てもらえるようにしておいた方がいいでしょう。

話をきちんとしてくれる先生や看護師さんなどがそろっていて

設備もそれなりに整っている病院を選ぶべきです。

そうなれば、総合病院よりも個人病院の方が、

先生が変わることなく、同じ先生が妊娠初期から出産まで

見てくれるという事になるので、少し安心感があると思います。

念のため、総合病院も調べておくのもいいでしょう。

スポンサードリンク