スポンサードリンク

妊婦さんにとって一番大切なお仕事といっても過言ではない、体重管理。昔は、赤ちゃんの分までたくさん食べて、といったものですが、食べ過ぎ太りすぎは赤ちゃんにとってよくありません。どんなふうに体重管理をしたらいいのでしょうか?
image002

ちょうどいい体重管理をしよう!

妊娠中にどれだけ体重が増えていいのかは、非妊娠時のBMI値によって変わってきます。BMIの計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)。この値が、18.5未満なら痩せ、18.5以上25未満なら普通、25以上だと肥満となります。やせ形の人は9-12㎏、普通の人は7-12㎏、肥満の人は5㎏が、妊娠時の体重増加量。これを目安に考えるといいでしょう。赤ちゃんにとって、体重の増えすぎは妊娠糖尿病や妊娠中毒症の原因になり、ひいては早産や体質虚弱のリスクが高まることになります。実は最近増えているのがそれと反対の、“増えなさすぎ”。お母さんの過度なダイエットなどが原因で、2500g以下で生まれてくる低出生体重児が増えているんです。お母さんが妊娠中に栄養をきちんと取れていないと、赤ちゃんが将来成人病になりやすくなる、という説もあるのです。バランスのとれた体重管理は本当に大切ですね。

とはいっても難しい体重管理…

お医者さんからあまりに厳しい体重制限を課されると、妊婦さんにとってはかなりのストレス。せっかくのマタニティライフ、穏やかに過ごしたいですよね。大切なのは、生活のリズムを整えて、1日3回バランスの良い食事をとる事。体に取り入れる食材を良質なものにすること。特に、スナック菓子などをたくさん食べたり、動けないストレスから無茶食いをしてしまったりすることがないように気をつけるだけで、健康的な体重増加にシフトできるでしょう。

image003
食欲を抑えるには?

妊娠初期には、食べないとむかむかしてしまう食べつわりというものがあります。でも食べたい気持ちに任せて食べ過ぎてしまうと体重が増加しすぎてしまう原因に。どうすれば食欲を抑えられるんでしょうか。まず、食事を一度にたくさん食べるスタイルから少量を数回に分けて食べるスタイルに変えましょう。小さいおにぎりを作ったり、小さいクッキーにしたりするだけでも違ってきます。野菜を先に食べるのも、食べる量を抑えるのに役立ちます。ガムや飴など、長い時間口に入れておけるものを食べたり、外に出て人に会う予定を入れたりして、気を紛らわすのもgood。食生活を気を付けるだけではなく、お産に向けて体力もつけておきたいですよね。ウォーキング、スイミング、ヨガ、マタニティーエアロなど、安定期に入ったら、適度なスポーツをすると、気分も晴れてストレス解消にもなります。

スポンサードリンク