スポンサードリンク

冬の妊婦さんにとって、「冷え」は最大の敵です。身体が冷えることによって風邪やインフルエンザに感染するリスクが高まりますし、妊娠中ですからやたらと薬を飲むわけにもいきません。また、お腹の冷えは逆子になる可能性を高めるとも言われています。今回は妊婦さんの冷え対策を、ファッションの面から考えてみましょう。

 

冬の妊婦さん、おススメファッションとNGファッション

<おススメの素材>

妊娠中は1ヶ月でお腹周りがどんどん変化していきます。ですから、出来るだけ伸びの良い生地のものを選びましょう。おススメの素材はリブや天竺です。主に下着に使われている素材なので、伸縮性に優れているだけでなく、肌触りも心地良いものが多いです。

<おススメファッション>

・上半身

部屋着には、トレーナーやスウェットが最適です。お腹を締め付けることなく、暖かさをキープすることが出来ます。その他、毛糸のセーターやフリースも縦横によく伸びるのでおススメです。

もし、外出時に何を着たら良いか迷ってしまった場合は、とりあえずワンピースを着ましょう。その上からコートなどを羽織って防寒対策をしてください。

・下半身

ゴムやアジャスターを使ったズボンやスカートを履きましょう。

<NGファッション>

・上半身

あまり伸びず、型が決まってしまっている服は不向きです。例えば、スーツのスリムジャケットなどはカッコいいですが、妊娠中に無理して着ると逆に不恰好に見えてしまいます。

・下半身

ウェストを絞ったデザインのものは不向きです。

 

マタニティ専用なんてもったいない?

人生のほんの一時しない着ないマタニティウェア。わざわざ新調するのはもったいないと考える人は多いです。しかし、日に日に胸やお腹が大きくなっていく中、妊娠前に着ていた服だけで間に合わせるのは至難の業です。マタニティウェアはきちんと用意しておいた方が良いでしょう。

とはいえ、やみくもに買い揃えても「マタニティウェアを用意したけど、結局あまり着なかった」という事態に陥ってしまいます。ですから、購入前にしっかりと着まわし計画を立て、産後も使いまわしが利く様なものを選ぶのがポイントです。

ちなみに、ゴムやアジャスター付きの衣類やオーバーオールは産後も重宝します。特にオーバーオールは育児にも最適な服装なので、何枚か持っていると便利でしょう。迷った時は、この3点を基準に購入してください。

 

お腹が出る前と後、服装の注意点は?

<お腹が出る前の注意点>

まだマタニティを着るほどではない妊娠初期~妊娠中期。服装は防寒対策が出来ていれば、基本的には何を着ても構いません。ただし、少しでもウェストに窮屈さを感じたら、我慢せずにサイズアップするか腰周りの緩い服を着てください。決してお腹を凹まして無理矢理着ようとは思わないでくださいね。

<お腹が出てからの注意点>

ちょっとかっこ悪いかもしれませんが、パンツの下にタイツを履き、さらにその上から靴下を履くくらいの徹底した防寒対策が必要です。この時、パンツはウェストサイズにかなり余裕のあるものを選んでください。ぴったりサイズのものを選ぶと、タイツを履いたときにお腹を締め付けてしまいます。

 

スポンサードリンク