スポンサードリンク

日本人女性のうち、2人に1人はマタニティブルーになると言われています。マタニティブルーは病気ではありませんが、本人にとってはとても辛いもの。一緒に暮らしている家族にとっても、決して良いものであるとは言えません。なぜ女性は妊娠すると、マタニティブルーに陥ってしまうのでしょうか。

 

マタニティブルーとは

待ちに待った妊娠・出産。待望の赤ちゃんを身ごもって嬉しいはずなのに、突然悲しい気分になったり、訳もなく泣きたくなってしまったりと、妊娠や出産を機に情緒不安定になってしまうことをマタニティブルーと言います。

マタニティブルーの症状は人それぞれ。とにかく悲しい気持ちになる人が多い様ですが、イライラが収まらなくなる人や、やる気が起きなくなる人、常に眠くて仕方がない人など様々です。

マタニティブルーになってしまう原因は、妊娠・出産に対する不安感や、出産疲れ、育児疲れにあります。また、お産後のホルモン変化によって情緒不安定になりやすくなることも要因のひとつであると考えられています。

 

こんな時期にマタニティブルーが襲ってくる!

マタニティブルーは出産後に発症する人が多いですが、妊娠初期から現れる人も少なくありません。

<妊娠超初期(妊娠発覚時)>

「もしかして妊娠したかも?」という不安感からマタニティブルーになることがあります。

<妊娠初期>

今後の妊婦生活に対する不安感や、「○日にお酒・薬を飲んでしまった。赤ちゃんに影響していたらどうしよう」という後悔、「赤ちゃんを産んでも育てる自信がない」という心配が、マタニティブルーの要因となります。

<つわり期間中>

つわりが酷い場合、家事もままならない状態になることがあります。そんな自分を「情けない」と感じて、マタニティブルーになってしまうことも。

<妊娠後期>

陣痛や分娩への恐怖心、「元気な赤ちゃんが生まれてくるのか」という不安感から情緒不安定になる人が多いです。

 

予防法と対処法

<マタニティブルーを予防するには>

・人との繋がりを大切にする

妊娠すると、どうしても自宅に閉じこもりがちになる人が多いです。同居している家族とたくさんコミュニケーションが取れれば良いのですが、仕事などの都合であまり会話が出来ない場合は、友達や両親、母親教室などでのコミュニケーションを大切にしましょう。

自分が抱えている不安感や疑問点などを人に聞いてもらうだけでも、気持ちが軽くなるものです。

<マタニティブルーになってしまったら>

・有り余る時間を有効活用して趣味に没頭してみる

「産休に入ってから、退屈で仕方がない」という人は多いものです。せっかく時間が有り余っているのですから、今まで出来なかった趣味に挑戦してみるのはいかがでしょうか。激しい運動は出来ませんが、写真や絵画、ガーデニングなど、妊娠中でも出来る趣味は無限にあります。資格試験の勉強をするのも良いでしょう。

 

スポンサードリンク