スポンサードリンク

妊娠中は妊婦健診に通わなければいけません。そこで困るのが服装の問題。誰に会うか分からないので可愛い恰好をして出歩きたい気持ちは分かりますが、妊婦健診には妊婦健診に合ったファッションというものがあるんです。今回は妊婦健診時に気をつけたい服装について解説します。

 

妊婦健診で診てもらうこと

妊娠初期~妊娠後期にかけて行われる妊婦健診。

子宮底長や尿たんぱく、腹囲、尿糖、血圧、体重、浮腫・・・など、様々なことを調べ、母子手帳に記録していきます。

また、超音波検査(エコー)でモニターを通じて赤ちゃんの様子を見ることもあります。エコー検査を受けることで、「妊娠の実感が湧いた」「赤ちゃんの成長がよく分かって安心出来る」という妊婦さんがたくさんいます。

この様に、妊婦健診では身体の隅々までくまなくチェックされます。そのため、健診時の服装はそれに見合ったものを選ぶのが望ましいです。

 

妊婦健診にはどんな服装で行くのがおすすめ?

まず、妊娠期別のおすすめファッションをご紹介します。

<妊娠初期>

まだお腹が目立たないうちは、妊娠前に着ていた手持ちの服で大丈夫です。ただし、お腹まわりを締め付けない服を選ぶこと。ウェストがゴムで出来たズボンなどがあると良いとです。

トップスは、お腹が完全に隠れる様な長めのものを選びましょう。

<妊娠後期>

本格的な内診が始まるので、脱ぎ着しやすいボトムと下着を身に付けましょう。上下分かれた2ピースの服がおすすめです。

 

次に、季節毎のおすすめファッションについて解説します。

<夏場の暑い時期>

夏の妊婦さんはとにかく汗をよくかきます。吸湿性が高くて、サラサラした肌触りの服を選びましょう。

暑い日でも室内は寒いことが多いですから、お腹まわりを冷やさない様に長めのトップスを着てください。

<冬場の寒い時期>

冷えは足元から来るので、足の防寒対策をしっかりと。脱ぎやすくて履きやすいムートンブーツやレッグフォーマーは足元をしっかりと温めてくれます。

また、分厚い服ばかりを着ていると体重測定で正確な結果が出ませんから、軽い上着を何枚か重ね着していくのがおすすめです。

 

最後に避けた方が良い服装をまとめました。

<これだけは避けるべき!妊婦健診ファッション>

・ボタンが多い服

脱ぎ着が大変なボタンの多い服は健診に向いていません。

・ロングブーツ

妊娠後期はベッドの上での検査が多くなります。脱ぐのが難しいロングブーツは避けた方が無難です。

 

服装での失敗談

<ジーンズは辛かった・・・。>

診察室に椅子が無く、立ったまま脱ぎ着しなければいけない状況。ただでさえ生地の固いジーンズは、動きの制限される妊婦さんには難敵だったようです。

<ワンピースだとほぼ全裸に!>

ベッドに上がってお腹を出す時、ワンピースでは全裸同然の姿にされてしまいます!上下分かれている2ピースの服を着ていく様にしましょう。

こんなやつですね。

 

スポンサードリンク