スポンサードリンク

妊娠した途端、今までに経験したことのない様な強い眠気に襲われる・・・というのは、よくあること。妊娠期間はまさに「眠気との戦い」です。しかしなぜ、女性は妊娠によって強い眠気を感じる様になるのでしょうか?眠気の正体を探ると共に、眠気対策法についてもご紹介していきます。

 

妊娠中は眠くなりやすい

妊娠中の眠気の原因は、妊娠初期・中期・後期でそれぞれ異なります。

<妊娠初期>

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が原因です。プロゲステロンには体温を高くして眠気を促す作用があります。そのため、「いつも眠い」という状態になってしまうのです。

この時期の強い眠気は「眠りつわり」とも言われ、つわりの一種と考えられています。眠りつわりは妊娠12週~16週頃に治まるのが一般的です。

<妊娠中期>

妊娠初期ほどではありませんが、プロゲステロンの影響で眠くなりやすい人もいます。また、お腹が大きくなってきた影響で疲れやすくなったり、食べ過ぎの満腹感から眠気に襲われる場合も。

<妊娠後期>

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増える時期です。エストロゲンには眠気を抑える効果があるのですが、その影響で夜の寝つきが悪くなり、睡眠不足になってしまうことがあります。

 

プロゲステロンの影響で眠気を感じている場合は、眠っても眠っても眠気が全く取れません。「眠りつわり」はつわりの中でも楽な部類と考えられていますが、周囲からは「だらけている」と思われてしまうことも。事前に家族や職場の上司に理解してもらい、自分に出来ることを確実にやる様に心がけましょう。

 

眠気が強い時に避けるべきこと

眠気が強い時は、車の運転は極力控える様にしましょう。

妊娠中でも運転すること自体はOKです。妊婦さんの運転を制限する法律も無いので、妊娠したからといって運転を控える必要はありません。

しかし、眠気が強い場合は例外です。妊娠初期の眠気は、眠ってもなかなか解消されません。注意力が散漫になり、思わぬところで取り返しのつかない事故を起こす危険性があるので、運転は出来る限り控えておきましょう。

 

眠気覚まし対策法

<冷水で顔を洗う>

冷たい水で顔を洗うと、目と頭が一瞬でシャキっとします。

メイクをしていて顔を洗えない場合は、冷たーい水で手を洗ったり、冷たーく冷えたペットボトルを顔の近くに当てるだけでも効果的です。

<簡単なストレッチをする>

肩を回したり、屈伸したりすると血流が良くなり、眠気が覚めることがあります。

<ガムを噛む、飴を舐める>

あごを動かすことで眠気を解消します。特に「眠気スッキリ」系のガムが効果的です。

<15分だけ仮眠する>

何をしてもダメな時は、思い切って仮眠しましょう。「15分」という時間は熟睡状態に入る一歩手前で、人がスッキリと目覚められる睡眠時間です。

 

スポンサードリンク