スポンサードリンク

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいと言われています。ホルモンバランスが崩れることによる口腔内唾液の質の変化、つわりを理由とする歯磨きに対する嫌悪感、が主な原因として考えられます。

 

口の中の変化

妊娠中の唾液は普段の唾液に加えて粘り気を増すのですが、これは性質がアルカリ性から酸性に変化したから。通常、唾液はアルカリ性の液体で、唾液の分泌を多くすることは虫歯を予防する一つの方法として考えられています。「口が空いている人は虫歯になりやすい。」のは、唾液が乾燥して口腔内にたまらないからなのです。妊婦さんは唾液は分泌されますが、性質が酸性に変化しています。この酸性の唾液が虫歯の一つの原因となっているのです。

また、つわりの時期は嗅覚や味覚も敏感な時期。歯磨き粉の臭いや味が合わなかったり、歯ブラシの感触が不愉快だったら、歯磨きも疎かになりがちですよね。こうして歯磨きから遠ざかることで、虫歯につながります。

その他、お腹が大きくなることによって胃が圧迫され、小刻みに食事をとるようになったことで歯の清潔な状態が保たれないことも、妊婦さんのお口のトラブルの原因の一つとして考えられます。

 

歯医者さんには通える?

妊娠中、歯医者さんに通うことは出来ますが、必ずお腹に子供がいることを伝えましょう。特に妊娠初期には目立って妊娠中であると言う印象は薄く、通常通りの治療になってしまうので注意が必要。

妊娠中の歯の治療には妊娠中期が一番良い時期とされています。妊娠したての初期の頃は、まだママの精神的安定が図れていないことで体調を悪化させたり、敏感に胎児への影響が懸念されます。また、後期の歯科治療では初期のような精神的敏感さに加えて、腹部への圧迫などママの身体に対する負担も大きくなることが考えられます。母子の身体と心のバランスを考えると妊娠中期が適切な時期と言えそうですね。

地域によっては、妊娠中に歯科の無料検診を行えるところもあります。治療ではなく、あくまでも健診ですが、この機会を利用して妊娠期間中のオーラルケアについて相談し、負担のかからないようなアドバイスをもらっておくと良いでしょう。

 

歯が痛くなったら

妊娠中に歯が痛くなった場合、服薬については歯医者にしっかりと相談しましょう。服薬については歯科医と産婦人科医の相談によって決められます。痛みの様子や日常生活での支障の出方について具体的に伝えられることが大切です。また、基本は服薬を勧められませんが、我慢の元となるとかえってストレスになりますので、現在の状態をしっかり伝えてください。

歯磨きは辛くなってくると避けがちです。辛い時期に限っては無理に続ける必要はありません。といっても全くやらないということではなく、方法を変えてみましょう。歯磨き粉の臭いはきつくありませんか?歯ブラシは硬すぎて歯に摩擦感がありませんか?普段使用しているものを見直すことも大切です。また、うがい薬によって急をしのぐこともできます。実はこうしたことも歯医者さんに相談できます。ぜひ親身に聴いてもらいましょう。

 

歯医者での治療について

治療が必要になって歯医者にかかる場合、麻酔治療はまず問題ないと考えられます。歯医者で使用する麻酔は局部麻酔、無痛分娩の為にも使用されている麻酔薬ですから安全であると考えて良いでしょう。

ただし治療に対して緊張したりちょっと恐れを抱いてしまうことはつきものですから、治療が必要な場合には安定期のうちに依頼するようにしましょう。

麻酔と同様、レントゲンも部分的なレントゲンなので問題はありません。不安が大きい場合には、放射能を遮断してくれる前掛けをかけてくれるので、そちらを使用したい意志を伝えましょう。

 

スポンサードリンク