スポンサードリンク

妊娠中に出血を経験する人はたくさんいますが、中には流産になってしまうケースもあるので、心配ですね。また、流産になってしまった場合、いつまでも出血が続くのはなにか問題がある可能性があります。妊娠中や流産後の出血についてお伝えします。

 

妊娠中の出血はなぜ起こるの?

妊娠中に出血が起こることは、よくあることです。出血があっても無事に出産できるケースもあれば、残念ながら流産になってしまうケースもあります。

妊娠初期によくある出血は、絨毛膜下血腫というものです。胎盤を作るために、受精卵が子宮内膜に絨毛というものを伸ばしていきます。このときに子宮内膜の血管が壊れて出血することがあります。少ない量ならば吸収されてしまうのですが、量が増えると血の塊ができたり、体の外に血が出てきたりします。安静にしていて治まれば問題ありませんが、血腫が大きくなると流産の原因になることがあります。

子宮外妊娠の場合にも出血が起こることがあります。受精卵が子宮以外のところに着床しようとするときに、組織に傷がついて出血するものです。

膣のただれ(子宮膣部びらん)や子宮頚管にポリープも出血の原因になります。びらんの場合は心配ありませんが、ポリープは感染症の原因になるので妊娠中に切除することもあります。

 

茶色の出血、赤やピンクの出血

茶色の出血は、血が酸化して色が変わったものです。酸化しているということは、古い血、つまり今現在出血している血ではないということです。安静にしていれば治まるものが多いです。でも、いつまでも止まらない場合や、腹痛がある場合には注意が必要です。茶色だから大丈夫と思っていたら、だんだん鮮血に変わっていって進行流産になってしまったというケースもあります。

鮮血の場合は今現在出血している血であることが考えられるので、茶色よりも流産の心配が高くなるようです。妊娠中の出血は心配ないケースも多いのですが、切迫流産や感染症の心配のあるポリープの場合もあります。茶色い、赤い、多い、少ないにかかわらず、出血が認められた場合には、産院に連絡をして指示を仰ぎましょう。血の色、量(月経何日目くらい)、腹痛の有無や他の症状などをしっかり伝えてください。そして、病院にいくまで安静に過ごしてくださいね。

 

流産後の出血が続くときは

残念ながら流産になった場合、子宮の内容物が体外に出た日から1週間から10日くらい出血が続きます。多少長引いても、次第に量が減っていけば心配ないことがほとんどですが、中には問題があるケースもあります。

進行性流産や流産手術のあと、出血量が減らない場合には、子宮外妊娠や子宮の内容物が残っている可能性があります。子宮外妊娠の場合は、破裂すると激しい腹痛ばかりでなく、大量出血によって命の危険にもかかわってきます。また、子宮の内容物がなかなか出てこない場合は、感染症を引き起こす危険があります。

化学流産は妊娠が成立したわけではないので、出血は生理と同じと考えてよいのですが、出血が長引く場合には子宮外妊娠の可能性があります。

出血に異常があるということは、なにかトラブルがあると考えて、まずは受診することが大切です。

 

スポンサードリンク