スポンサードリンク

妊娠が発覚したら、マタニティ用の下着を準備しましょう。「一時しか使わないものにお金をかけたくない」という意見も多いのですが、マタニティ下着にはつわりを軽減する働きや、産後の体型戻しを助ける効果があります。今回はマタニティ下着の選び方をご紹介していきます。

 

マタニティ下着と普通の下着の違い

マタニティ下着と普通の下着は全くの別物です。

女性は妊娠するとバストが大幅にアップし、形も変化していきます。そのため、マタニティブラは胸のサイズ・形に柔軟に対応出来る様に設計されています。

一方、普通のブラは胸の形を美しく補正するためのものなので、妊婦さんが着用すると胸を強く圧迫してしまう場合があります。

妊娠中の胸はとても敏感。マタニティブラを着用して、優しく支えてあげることが大切なのです。

よく、「お金がもったいないから、大きめの下着で代用していた」という人を見ますが、この方法はあまりお勧め出来ません。確かに代用出来ないわけではありませんが、きちんと胸を支えられていないため、産後に胸が垂れてしまう可能性もあります。

マタニティ下着は産後6ヶ月頃まで使うことが出来ますから、もったいないと思わずにきちんとしたものを揃えましょう。

一般的には妊娠5ヶ月から着用する人が多いのですが、妊娠に気が付いた時点で購入してもOKです。つわりで動けなくなる可能性もありますから、早めに用意しておきましょう。

 

マタニティブラの選び方

<サイズ>

・体型が変わる前にブラを購入する場合

普段のブラよりも+2カップ、アンダーは1サイズ上のものを選びましょう。

・妊娠3ヶ月~妊娠5ヶ月頃にブラを購入する場合

既に胸が膨らみ始めているので、普段のブラよりも+1カップ、アンダーは1サイズ上のものがベストです。

例)普段のブラがB70の場合、マタニティブラはC75がジャストサイズ。

<枚数>

洗い替え分も含めて、3枚~4枚あれば十分です。

その他、マタニティ用のハーフトップが数枚あると心強いです。

 

マタニティショーツの選び方

<サイズ>

ウェストは出産までに20cm以上サイズアップします。お腹まわりも同様で、20cm程度大きくなります。

・妊娠前からの体重変化が9kg以内の場合

妊娠前と同じサイズのもので大丈夫です。

・妊娠前からの体重変化が9kgを超えている場合

妊娠前のサイズよりも1サイズ上のものを選んでください。

<枚数>

5枚あれば足りますが、多めに用意しておいた方が安心です。

 

スポンサードリンク