スポンサードリンク

妊娠中の出血はよくあることです。出血=流産ではありませんが、中には流産の兆候であることも。妊娠中の出血と流産についてお伝えします。

 

流産の兆候

妊娠しても、22週未満で分娩してしまう、または子宮内で亡くなってしまうことを流産といいます。流産してしまう確率は約15%と言われていて、思っているより多いと感じるのではないでしょうか。年齢が高くなるほど、流産の確率も高くなってしまいます。

流産は、なんの兆候もないまま、起こることもありますが、兆候があるものもあります。流産の兆候には、不正出血、腹痛、腰痛、お腹のはりがおさまらない、つわりが急に楽になる、基礎体温が下がるなどがあります。これらの症状があっても、赤ちゃんが無事に育つことも多いのですが、できるだけ安静にして、早めに医師に相談しましょう。

 

出血と流産

妊娠中は、思っているよりも出血が起こることがよくあります。子宮膣部びらんといって、子宮の入り口の部分がただれていても起こりますし、胎盤が完成するまでは、微量に出血することがあります。ですから、出血したら、即流産というわけではないのです。しかし、出血が流産の始まりであることも確かにあります。たとえば、お腹の中で胎児が亡くなってしまっている場合には、母体からの血液が赤ちゃんに通わなくなり、余った血液が体外に出てくることがあります。このときは、出血がおさまらず、だんだん量が増えたり、そのまま流産が進んで大量の出血とともに胎児が出てしまったりすることもあります。逆に、出血がなくても、流産になることもあります。

出血だけでは、流産かどうかはわかりませんが、念のため、受診しておくと安心ですね。特に、腹痛、腰痛を伴う場合や、鮮血や量が多い場合などは、すぐに受診しましょう。

 

流産後の出血

自然に胎児が排出されてしまった場合も稽留流産で処置をした場合も、流産から1週間は出血が続きます。1週間後に病院で再診が行われますが、それまでは安静を心がけて無理をしないようにしましょう。このときに無理をしてしまうと、不妊の原因になってしまうことがあるのです。出血は、だんだんと量が減っていき、長くても2週間くらいで治まるものです。もし、腹痛や出血が2週間を過ぎても続く場合には受診しましょう。

胎児が排出された日を生理1日目と数えて、回復が順調ならば、1か月後くらいに生理がきます。流産後は妊娠しやすいのですが流産もしやすいと言われています。医師の指示にしたがって、再チャレンジしましょう。

残念なことですが、初期の流産は、ほとんどが赤ちゃんの染色体異常が原因と言われています。ママのせいではないので、自分を責めないでくださいね。赤ちゃん再来の日に備えて、身体と心の回復に努めましょう。

 

スポンサードリンク