スポンサードリンク

妊娠すれば出産できるのが当たり前のように感じるのですが、実は、流産の確率というのは、妊娠の15%と言われています。つわりが軽いと流産を心配する方もいるようですが、つわりの重さと流産は関係がありません。ただし、妊娠初期につわりがなくなるというのは、心配なケースもあります。

 

流産の分類

「流産」は、原因、症状、進行具合によって、分類されています。

どのように妊娠をストップさせたかによって、「人工的流産」と「自然流産」に分かれます。「人工的」というのは、つまり「人工妊娠中絶」のことで、母体保護のために、手術によって処置をします。「自然流産」は、自然に起きてしまう流産のことです。一般的には、流産といえば自然流産を示します。

「自然流産」には、自覚症状のないまま胎児が亡くなっている状態の「稽留(けいりゅう)流産」、出血や子宮の内容物が出始めている状態の「進行流産」があります。

「進行流産」は、子宮の中のものが全て出てしまう状態の「完全流産」と、まだ子宮内に内容物が残っている「不完全流産」とに分かれます。

「稽留流産」や「不完全流産」のように内容物が子宮内に残っている場合には、手術によって掻き出す場合が多いです。

 

つわりの重さは流産と関係があるの?

つわりは、妊娠するとhCGホルモンが分泌されるのが原因ではないかとか、赤ちゃんとの血液型の違いでつわりが重くなるとかいろいろ言われていますが、まだ、よくわかっていません。つわりの重さも個人差があり、同じママでも上の子どもと下の子どもでは、つわりの重さが違ったという人もいます。つわりが軽くても流産するわけでもありませんし、重いからといって流産するわけでもありません。つわりの重さは流産には関係ありませんから、安心してくださいね。

ただし、つわりが重くなるのが特徴の「胞状奇胎(ほうじょうきたい)」という病気があります。これは、胎盤のもとになる絨毛が病的に増えるもので、水泡状の粒が子宮内にいっぱいになって赤ちゃんを吸収してしまいます。この場合は、残念ですが、妊娠の継続はできません。500人に1人くらいの割合で起こると言われています。

 

急につわりがなくなるのは、心配?

妊娠初期にもかかわらず、急につわりが治まってしまう場合は心配なケースがあります。特につわりがピークになる妊娠8週から11週くらいに、急につわりがなくなった場合には、定期検診を待たずに、すぐに受診しましょう。これも個人差があるので、つわりが治まったら、必ず流産と決めつける必要はありません。赤ちゃんが元気なケースも少なくありません。

妊娠後期に起こる子宮頸管無力症のように手術で防止できる流産もありますが、初期の流産は、ほとんどが赤ちゃんの先天的な異常によるもので、食い止めることが難しいです。残念な結果になることもあるかもしれませんが、次の赤ちゃんを迎えるためには、早めに処置をする方が望ましいと言われています。勇気をもって、まずは受診してくださいね。

 

スポンサードリンク