スポンサードリンク

初産の妊婦さんにとって、破水は完全に未知の領域。体験談などを読んでみても、いまいち実感が湧かないのではないでしょうか。破水が起こる原因やタイミング、おりものなどとの違いについて知りましょう。

 

臨月の破水

妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんは、卵膜という袋の中に入っている羊水の中を泳いでいます。破水とは、その卵膜が破れて、羊水が体外に流れ出てしまう状態のことです。

通常、破水は陣痛が強くなって子宮口が開いてきた時に起こります。これを適時破水といいます。しかし、時には想定外のタイミングに破水が起きてしまうこともあります。

陣痛前に破水してしまうことを「前期破水」、子宮口が最大になる前に破水することを「早期破水」、子宮の上部が破れる破水のことを「高位破水」といいます。これらの破水は特別異常なことではありませんが、破水したということは赤ちゃんが出てこようとしている合図です。

感染症のリスクも高いので、病院へ急ぎましょう。

適時破水以外の破水は何らかのトラブルによって引き起こされます。以下はその原因の一例です。

・重いものを持つ

・卵膜の異常

・激し過ぎる胎動の衝撃

・妊娠中の性交(絶対にしてはいけないということではありません。)

・喫煙

・妊婦さんが高齢

 

破水の前兆

「自分はちゃんと破水に気付けるのかな?」と不安に思っている方が多いと思います。インターネットや雑誌の体験談を読むと、破水に気付けた人、分からなかった人、何の前兆も無くいきなり破水した人など様々です。

通常は、おしるしが来てから陣痛が始まり、破水が起こります。そのため、おしるしを破水の前兆と考えている人が多いです。しかし、おしるしが全ての人に起こるとは限りませんし、おしるしが来たとしても破水までにかかる時間は人それぞれです。おしるしから破水までの期間が3日以内だった人もいれば、1週間以上かかった人もいます。

正産期の頭である妊娠37週付近になれば、いつ破水が起きてもおかしくありません。いつでも病院へ向かえる様にしっかり準備と心構えをしておきましょう。

 

破水、おりもの、尿漏れ、おしるし。それぞれの特徴と違いは?

破水とその他の体液の流出を見分ける自信がない・・・という方も多いかと思います。そこで、それぞれの特徴を表にまとめました。

原因 出るタイミング 形状 色・におい その他
破水 安静時、動く度 水の様にチョロチョロと出る 透明~黄色

独特の生臭さ

自分の意思では止められない
おりもの 特に無し。いつでも出る可能性がある。 さらさら・粘々 透明~白・黄色

すっぱいにおい

血液が混ざっていると茶色になる
尿漏れ 笑ったりくしゃみをした時 水っぽい 黄色

アンモニア臭

自分の意思で止められる
おしるし 特に無し。いつでも出る可能性がある。 少し粘り気がある ピンク・薄茶色

においはおりものと同様

血液混じりのおりものは、おしるしの可能性が高い

 

スポンサードリンク