スポンサードリンク

多くの男性は「妊娠したらセックスしてはいけない」と考えている様です。しかし、実際はそんなことはありません。もちろん気を付けるべきポイントはいくつかありますが、基本的には無茶なことをしなければ大丈夫。妊娠中も楽しい性生活を送りましょう!

 

妊娠中にセックスしても大丈夫?

子宮口の粘液が膣と子宮を遮断しているため、性行為によって赤ちゃんがダメージを受けることはありません。ですから、妊娠していても、以下の症状が見られなければセックスをしても大丈夫です。

・体調が悪い

・とても疲れている

・出血がある

・流産や切迫流産、早産の経験がある

・流産や切迫流産、早産の兆候がある

・羊膜が破れた

・前置胎盤(胎盤が正常よりも子宮口に近い位置に付着していること)が見られる

・以前、多胎出産(双子や三つ子などを出産すること)をしている

 

しかし、女性は妊娠初期に性的欲求が減少してしまう傾向があります。この時期は自分の身体の変化についていくので精一杯なので、セックスをしている余裕が無いのでしょう。妊娠中期に入って心身に余裕が出来てくると、性欲は復活してきます。ところが妊娠後期になると、今度は出産の不安感や緊張感から性欲が減退していきます。

この様に性欲の浮き沈みが激しいため、妊娠中はセックスを全くしなくなる・しても満足出来なくなる夫婦が多いです。

もし、あなたが妊娠中の性行為に抵抗がある場合は、パートナーにそのことをきちんと伝えましょう。しかし、セックスは夫婦の大切なコミュニケーションです。時々は不快でも応じてあげたり、オーラルセックスに挑戦してみてあげてください。

 

妊娠中のセックス、気を付けるべきこと

妊娠中にセックスをする場合は、普段以上に以下のことに注意しましょう。

<清潔にすること>

感染症予防のため、妻・夫共に身体を洗ってからセックスに臨みましょう。

<お腹が張ったら、すぐに中断すること>

お腹の張りは切迫早産の要因になります。すぐにセックスを中止してください。

身体が冷えていると、お腹が張りやすくなります。出来るだけ全裸でのセックスは避けましょう。

<乳首への刺激は厳禁>

特に妊娠後期はダメです。乳首への刺激は早産の原因となります。

<コンドームは必ず使用しましょう>

精液の中には様々な細菌や、プロスタグランディンという子宮を収縮させる成分が含まれています。膣内への射精を避けるため、必ずコンドームを使用してください。

 

負担のかからない体位

セックスには色々な体位があります。妊娠中の体位の基本的な考え方は、お腹を圧迫しないこと、子宮口を直接刺激しないこと(浅い挿入をすること)です。

後側位は、妊娠中の全ての時期に使えるのでおすすめです。二人で並んで横になり、寝転んだままパパが後ろから挿入する形になります。

反対に、屈曲位は厳禁です。正常位の体勢から、ママがパパの肩の上に足を乗せる体位です。挿入が深くなる上に、お腹を強く圧迫してしまいます。

 

スポンサードリンク