スポンサードリンク

切迫早産、妊娠高血圧症や胎児の発育が思わしくない場合など、妊娠中に安静にするように言われる妊婦さんは多いです。しかし、安静とは、どの程度動いていいのかわからなくて、つい無理してしまいがちです。そこで、安静の目安についてまとめました。

 

絶対安静とは?

妊娠中、切迫早産などのトラブルがあると、安静にして過ごさなければなりません。

24時間点滴による投薬や医師による管理が必要な場合には入院して絶対安静に過ごすことになります。歩くことも許されず、必要最小限に移動も車いすを使う妊婦さんも少なくありません。

入院の必要はないものの、自宅での絶対安静と言われた時にはどう過ごしたらよいでしょうか。

トイレとお風呂以外はできるだけ横になって休みましょう。どうしても家事が気になりますが、このときばかりは出前やお弁当に頼ったり、家族の力を借りたりしましょう。サポート団体もあるので利用するのも一つの方法です。お風呂も長湯を避け、体調によっては、シャワーや温かいタオルで体をふく程度にしましょう。子宮内感染は早産の要因になりますから、清潔にしておくことは大切です。

 

「安静」のときの過ごし方

「安静にしてくださいね」程度だと、どのくらい安静にするのかわかりにくいですね。その程度は症状や状態によって様々ですので、医師に相談する必要があります。でも、今まで通りの活動を控えなければならないことには変わりありません。病院では、状態に合わせて「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらうことができます。絶対的な効力があるものではありませんが、勤め先に話しにくいときや正確に伝えたい場合には役に立つのではないでしょうか。

上のお子さんのお迎えや買い物など、どうしても外出が必要になる場合も、医師と相談し、許可が得られた場合のみできると考えてください。長時間の立ち仕事は負担になります。家事は簡単に済ませたり、家族に協力してもらったりしましょう。妊婦さん自身が「安静」の必要性を十分に理解することはもちろん、家族の理解がないとなかなか安静にできないものです。おなかの赤ちゃんのために、家事はほとんどできない状態だということを、しっかり家族に伝えましょう。

 

こんな症状には気を付けて!

安静にすることで症状は改善する場合もあります。しかし、症状が進行する場合もあるので、安静中は特に細心の注意をはらって、少しでも思わしくない状況があれば、すぐに医師に相談しましょう。

例えば、おなかの張りが強い、張りが長時間治まらない、陣痛のように規則的に張りや痛みがくる場合には、症状が進行している可能性があります。すぐに医師に連絡しましょう。また、出血やおりものの変化にも気を付けてください。

安静は一生続くものではありません。分娩できる時期がくれば、安静は解除され動いてもよくなります。妊婦さん本人だけでなく、家族にも負担がかかるものですが、理解と協力を得て、乗り切りましょう。

 

スポンサードリンク