スポンサードリンク

妊婦健診といえば、エコー検査がおなじみですね。おなかの赤ちゃんの様子が画像で見ると妊娠の実感や喜びもひとしおです。医師は、エコーによって、たくさんのことを診断しています。どんなことを診断しているのでしょうか。

 

超音波検査(エコー検査)とは?

エコー検査は、超音波を送信し、跳ね返ってきた超音波を画像として表示するものです。超音波の送受信を行うのが「プローブ」と呼ばれる部分です。妊婦健診では、細いプローブを膣内に挿入して行う「経膣エコー」とプローブをおなかにあてて行う「腹部エコー」があります。

厚生労働省では妊婦健診での超音波による検査の回数を妊娠初期~23週に2回、24週~35週に1回、36週~出産までに1回を標準的な頻度の例としています。実際には、健診のたびにエコー検査を行うことが多いですが、毎回行わない医院もあります。

 

エコー検査で何がわかるの?

まずは、正常妊娠であるかどうかが確認されます。子宮外妊娠ではないか、単胎か多胎か、子宮内の様子はどうか、胎嚢、胎芽の成長は順調かどうか、心拍はあるかなど、多岐にわたって診断します。赤ちゃんがまだ小さいので子宮の近くから検査をするため経膣エコーが行われます。

9週くらいになると赤ちゃんは大きさに個人差が少ないので、これを測定することによって正確な出産予定日を割り出します。妊婦健診が始まるころには、手足、脳や内臓が順調に発達しているかをみます。

12週くらいになり、赤ちゃんが大きくなってくると、経膣エコーでは全体が見えなくなるので、腹部エコーになります。頭の大きさ、大腿骨の長さ、腹部の大きさを測り、体重を推定したり、臓器の発達、頸部の浮腫の程度をみたりします。また、赤ちゃんだけでなく、胎盤や羊水の量も確認します。羊水の量によって、赤ちゃんの異常がわかることもあるのです。異常がわかることで、精密検査や治療、出産方法を検討することができます。

12週くらいから20週くらいまで性別がわかることもありますが、あくまでもサービスで行われるものです。生まれるまでは確定できません。

腹部エコーになると家族の同伴が許可される場合が多いので、ご家族と一緒に妊婦健診に行くと連帯感が生まれます。

 

3Dエコー、4Dエコーってなに?

動画「4D超音波検査」

立体的に画像表示するのが3Dエコー、リアルタイムに赤ちゃんが動いている様子を立体的に見られるのが4Dエコーです。

妊婦健診で必ずしなければならないものではなく、妊婦さんへのサービスとして行われる意味合いの強いものです。妊婦さんにとって、赤ちゃんをリアルに見られるのはとても嬉しいことです。画像や動画にしてくれる医院もありますので、家族とおなかの赤ちゃんの成長を共有したり、記念に残してお子さんが大きくなったときに見せてあげたりするのもいいですね。

 

スポンサードリンク