スポンサードリンク

本来は陣痛後に来る破水ですが、約2、3割の確率で陣痛よりも先に破水してしまうことがあります。破水は赤ちゃんが生まれてこようとしている合図。モタモタしている時間はありません。でも、正しく対処すれば大丈夫。今回は破水の中でもリスキーな高位破水についてまとめました。

 

高位破水とは

赤ちゃんや羊水を包んでいる袋状の膜のことを卵膜といいます。この卵膜が破れる現象が破水です。

通常の破水は、卵膜の下の方が破れます。羊水がドバッと流れ出てくるため、ほとんどの妊婦さんが破水に気付くことが出来ます。一方、高位破水の場合は卵膜の上の方が破れるため、羊水はチョロチョロと少しずつしか流れてきません。そのため、妊婦さん本人も「尿漏れかな?」と勘違いしてしまい、破水を見逃してしまうことが多いのです。

高位破水が起こる原因は、はっきりとは分かっていません。しかし一般的には、激しい性交や重い荷物の運搬、子宮への衝撃などによって起こると言われています。

正産期に入る前に高位破水が起きた場合、感染症の防止や安全な妊娠の継続・分娩のために管理入院となるケースが多いです。

 

高位破水の特徴

高位破水の特徴は、羊水の流れ出るスピードが遅いことです。少量の羊水がチョロチョロと少しずつ出てきます。尿漏れやおりものとの見分けがつきにくいですが、主なチェックポイントは以下の通りです。

・安静にしていても、チョロチョロと流れ続けている。

・自分の意思で止めることが出来ない。

・アンモニア臭がしない。

・色が透明で水っぽい。

これらの特徴が当てはまる場合は高位破水である可能性が高いです。

 

高位破水に気付いたらすべきこと、してはいけないこと

高位破水に気が付いたら、タクシーなどを呼んですぐに病院へ行きましょう。「高位破水かもしれないし、尿漏れかもしれないし、自分では全然分からない!」という方も、出来るだけその日のうちに病院へ行ってください。特に、下着がびっしょりと塗れて下腹部に違和感がある場合は正常な状態ではないので、お医者さんに診てもらいましょう。

羊水で塗れた下半身は不快感が凄いと思います。でも、シャワーやウォシュレットは絶対に使わないでください。感染症のリスクが大幅に高まります。もし、高位破水だと知らずにこれらを使ってしまった場合は、必ずお医者さんにその旨を伝えてください。

 

スポンサードリンク